かーやん☆ブログ

DJ karyangという名でDJもしております。何卒。

権力の墓穴

刑事コロンボ『権力の墓穴』観了。

48424575_2284958804890319_2834294556952887296_n

互いに弱みを持った者を利用した2つの殺人、それに対して同じように弱みを持った者を利用して事件を暴くコロンボという構図が実に良くできた傑作。
いつものように視聴者はトリックを先に見ているわけだが、今回は犯人がコロンボの上司という事もあってか、分かっていてもドキドキする展開に。コロンボの洞察力に思わず唸ってしまう天晴れな1本。まさに「完全犯罪など不可能である」と立証してみせた名作だった。
さすがベスト20に入るだけあるよな。投票したみんなもスゴイ!!w

★★★★★

策謀の結末

刑事コロンボ『策謀の結末』観了。

48430010_2284934804892719_7297433844343373824_n

あの詩人、根っからの悪人ではないんだよね。ただ殺人を犯した事には変わりはないし、祖国(アイルランド)愛や自分が正しいと思った正義のためとはいえ大量の銃器を密輸しようとした事もいかんとし難い事実だ。
所詮「正義」なんてそんなもんなんだ。大義名分は単なる見せかけで、その正義も殺人も個的な欲望でしかない。
コロンボもジョー・デブリンにどこかで心を許しているように見せているが、それも捜査のためのまやかしだ。だが職務に忠実で心を鬼にしているというわけでも、刑事であるという正義のためにやっているわけでもない。
コロンボは ただ辻褄の合わない不誠実な事象に対して真実を見出したいだけなのだ。
そういった視点で見るとコロンボの捜査も個的な欲望なのかもしれないな。

★★★☆☆

死者のメッセージ

刑事コロンボ『死者のメッセージ』観了。

48392017_2266463973406469_3936618486364635136_n

女流ミステリー作家 アビゲイル・ミッチェルって、どう見てもモデルはアガサ・クリスティなわけでw
トリックはますます巧妙となり、かたやミステリー作家 かたや敏腕刑事と犯罪のエキスパート同士の激しい火花の散らせ合いが本作の見もの。コロンボが急遽登壇しスピーチするシーンは名シーンやった!! 今の時点では最高傑作。
でもこれでまだ16位なのであるw 今後これが試金石になるな、ウンw

★★★★★

意識下の映像

刑事コロンボ『意識下の映像』を観了。

48247000_2266437093409157_418295515021574144_n

日本初回放送が74年。この時代に今で言う「サブリミナル効果」をトリックとして描いているなんてスゴイ!!
ファン投票で選ばれた作品を昇順でオンエアしているので、見る度にトリックも巧妙になってくる。こりゃおもしろい!! もっと前からコロンボ観ていれば良かったという気持ちと同時に、ひょっとして今 俺って得してるんじゃね?…とも思ったりw

★★★★☆

魔術師の幻想

刑事コロンボ『魔術師の幻想』観了。

47079596_2248734281846105_7945511350946496512_n

マジックのトリックと殺人のトリックは相性が良い。両方の謎解きができるので2倍楽しめるw サンティー二の名前から稀代の奇術師 ハリー・フーディーニを連想するのは容易だ。
今回はコロンボの使えない腰巾着みたいのが出ていたが、あれが今泉君の元ネタなのだな。フムフムw

★★★☆☆

美食の報酬

刑事コロンボ『美食の報酬』を見る。

46990492_2242227482496785_9057117202901106688_n

傑作選前回の『死の方程式』よりもこっちの方が面白かった。さすがファン投票によるランキングなだけあるのかw

作中 日本料理の板長役で出ていたのは「マコ」こと岩松信(日系アメリカ人俳優)だ。『砲艦サンパブロ』や『トラ・トラ・トラ!』等での演技が有名だが、アラフォー世代に馴染みが深いのがジャッキー・チェンのアメリカ初進出作品『バトルクリーク・ブロー』だ!!w 音楽は『燃えよドラゴン』のラロ・シフリンでカッコイイのだが、あとはダメダメというジャッキー黒歴史の1本wwww

マコはコロンボでは「ケンジ・オヅ」という役名だった(日本語吹き替えだけではなく、オリジナルも同様に)。
これでパッと思い浮かぶのは、日本が世界に誇る巨匠・小津安二郎監督と溝口健二監督だ。なかなか粋なオマージュではないか。

★★★★☆

死の方程式

BSで始まった『刑事コロンボ』放送50周年企画。全69作中ファン投票で選ばれた20作をオンエアする傑作選。
記念すべき1発目は「死の方程式」。

46187606_2222641771122023_717811085247250432_n

犯人がわかっているのにラストのハラハラさせる展開というか駆け引きはうまいよなー。そして野沢那智の吹き替えは良い!!w

実は恥ずかしながら、こんなに長くやっているのに今までに1〜2回しか観た事がないという超コロンボ初心者。なのでこれを機に腰を据えて観てみようかなと思いまして。

しかし 古畑任三郎って まんまだな!!w 似てるとかじゃなくてモロパクリ。まぁ三谷幸喜はちゃんと公言しているからまだいいけど、コロンボのように 先に犯人を明かしてしまう「倒叙」という手法は、クレショフやエイゼンシュタインのモンタージュとかヒッチコックタッチのようにひとつの映像の「文法」として昇華されたという事なのか。
そういえば ガス・ヴァン・サントは ヒッチコックの『サイコ』をリメイクした際に「いわゆるマスターピースを若い世代の人たちにも観てもらい語り継がれるように」作ったと明言していたが、三谷幸喜もそういう思いで作ったのであろうか。

★★★☆☆

Wonderful X'mix

20日に間に合ったーっ!!wwww

2018年最後のDJミックス、通算29作目

IMG_6630

『Wonderful X’mix』

はクリスマスソングです。
25日まで楽しんで頂ければ幸いです。和8曲・洋8曲、パーティトラックに是非☆
『Wonderful X’mix』DJ karyang (ダウンロードはこちらから)

『恋人がサンタクロース』松任谷由実
『X’mas』種ともこ
『クリスマスまで待てない』渡辺美里
『BEDTIME STORIES』大江千里
『クリスマス・イブ』山下達郎〜『クリスマス・イブRap』KICK THE CAN CREW
『MERRY X’MAS IN SUMMER』KUWATA BAND
『12月24日』Pizzicato Five
『Early Christmas Morning』Cyndi Lauper
『Last Christmas』Wham!
『Thank God It’s Christmas』Queen
『Jingle Bell Rock』Daryl Hall & John Oates
『Winter Wonderland』The Brian Setzer Orchestra
『Santa Claus Is Comin’ to Town』Bruce Springsteen
『Let It Show!Let It Show!Let It Show!』Frank Sinatra
『White Christmas』Ella Fitzgerald

※一部ノイズが乗ってしまっています。何卒ご容赦の程を。

なお mixcloudでもオンライン視聴できますので、何卒。

ボヘミアン・ラプソディ

遅ればせながら 映画『ボヘミアン・ラプソディを鑑賞。

48263127_2274059219313611_8132140436010565632_n

ボンクラ3(笑)初会合と相成りました。いやー、映画好きが3人集まって初めて一緒に観る映画として最高の一本でした!! 櫻井さん・中尾さんに感謝!!

クイーンはね、ここで言うまでもなく 放っておいても今後50年先も愛されているであろう伝説のバンドですよ。
でもこうした形で映画になった事で、おそらく100年先にも残る事になった。

それが嬉しくて、ただただ感涙でした。

今年同じくリピーター続出で大ヒットした映画として『カメラを止めるな!』が挙げられると思いますが、あれは映画(の制作現場)の事を知らない・興味がない人にも「(作り手の)映画愛」が伝わったからこそ共感を呼んだのだと思います。
それと同様に『ボヘミアン・ラプソディ』はクイーンの事を知らない人たちや若い世代にも「音楽愛」が響き届いた。楽曲の良さはもちろんの事ですが、題材の話題性だけでなく映画としての質感の高さがこのブームに繋がったのかなと。劇場の大スクリーンで、しかも映画好きの仲間たちと一緒にネマシティの極音上映で観られた事は きっと死ぬまで僕の心の中で残りますよ。ああ、僕もあの時スクリーンの中のLIVE AIDに居たんだっていうね。

もうねぇ、クライマックスのLIVE AIDのシーンで観客上手側で「WE ♡ U2」の旗を振っていた人までも完全再現されていたのを確認できただけでも胸熱ですよ!!wwww

そして映画のラストは『The Show Must Go On』でしょ? 最後の最後に「幕を下ろすな」ですよ。そりゃあ泣くって!!wwww

それとマイク・マイヤーズがヒゲモジャのレコード会社のお偉いさん(レイ・フォスター)役で出ていて、尺が長すぎる『ボヘミアン・ラプソディ』に対して「(シングル曲は)ドライブしながら頭を振り回せるような曲じゃなきゃダメなんだよ!!」みたいな台詞があって ひとりでバカウケ!!
これはまさに『ウェインズ・ワールド』ですよ!! ウェイン&ガース!! 町山智浩と柳下毅一郎!!(←わかる人だけ笑ってくださいw)
for me〜!!の後のブライアン・メイのギターソロでヘッドバンキングをするという偉大なる「発明」をしたおっさんですよ、マイク・マイヤーズ(ウェイン)は!!w
今日ほど映画好きでよかったなーと思った日はないね、ウンwwww

と、最後にネタバレ3連発しましたが、好きな人はもうとっくに観ているだろうからいいよね?w

ボンクラ3は来年も活動して参ります、色々とw 乞うご期待!!

★★★★★

恐怖の報酬 オリジナル完全版 (ウィリアム・フリードキン監督)

珍しく映画のはしご2軒目。シネマート新宿にてウィリアム・フリードキン監督の『恐怖の報酬』を鑑賞。

47232919_2245921938794006_6760745902245150720_n

オリジナルは言わずと知れたアンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督のフランス映画『恐怖の報酬』(53年)。
本作はアメリカでリメイクされた77年作品のデジタルリマスター・オリジナル完全版。
油田火災のためにニトログリセリンを運ぶというプロットは一緒だが別作品と言ってもいいだろう。
豪雨の中、ニトログリセリンを積んだトラックで吊り橋を渡るシーンは圧巻。当たり前だが当時はCGなど無い。増水した荒れ狂う川のシーンなんてどうやって撮ったんだろ?

フリードキンはめちゃくちゃ好きという程でもないのだが、ドキュメンタリー風のキャメラワークや硬質な画調が好み。最後 相方が死ぬシーンは煉獄以外の何物でもないな。完全にナイトメアwwww
とりあえずスクリーンで観られてよかった。立川シネマシティの極音上映でなくても充分トラウマ級でした。これはホラー映画ですよ。まさにジョゼフ・コンラッドのハート・オブ・ダークネス(『闇の奥』)でした、ハイw

★★★☆☆

カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード