かーやん☆ブログ

DJ karyangという名でDJもしております。から揚げ51個おじさん。

2004年09月

あなたの知らない(映画)世界2

2ということで続編企画なのですが(第1弾はこちら)、今回は本当にみなさんが知らない無名の映画ではなく、いつの間にかその存在を無きものとされ、今や幻となってしまった作品のお話。

スティーブン・スピルバーグ監督の『シンドラーのリスト』が初めてDVD化された時、「スピルバーグの代表作で唯一DVD化されていなかった作品」というようなキャッチコピーで売り出されていましたが、それを見た私は「お、おいっ!! 『1941』はどーしちゃったんだよ!! まだDVD化されてないやんっ!!」と世界の中心でさけんだもんです。
『1941』とは当時若き天才のスピルバーグが『未知との遭遇』の後に世に送り出したコメディー作品。真珠湾攻撃直後のロサンゼルスを舞台にただただ繰り返される破壊・破壊・破壊の嵐!! まぁ、初代破壊王 ジョン・ベルーシが出てますからねぇ(二代目は橋本真也ということにしておこう)、破壊・破壊も納得なのですが、このスラップ・スティック・コメディーの傑作も天下のスピルバーグ作品としては当時記録的な不入り&大酷評!!(苦笑) 『ジョーズ』『未知との遭遇』とバカ当たりして、その才能も認められ、イケイケゴーゴーのスピさんが作った期待の次回作が大枚をはたいて破壊の限りを尽くした阿呆阿呆映画だったので一同口アングリ…今ではスピルバーグのフィルモグラフィーにも載せられることもない幻の作品となってしまった(きっと彼の中では抹殺したい過去の汚点なんだろうなぁ…)。
『A.I.』の水没した観覧車が破壊されるシーンは実は『1941』のセルフパロディーなのですが…元を見ている人が少ないだろうから誰もわからないよなー(笑)。私は学生の頃1度、レンタルビデオで観ただけなのですが…うーん、また見直したいっ!! テレ東の昼間っからやってる吹き替え映画でもいいから(笑)。
ちなみに本作には“チューリップ三十郎”こと三船のトシちゃんも潜水艦艦長の役(っつーか、かなり山本五十六風味)で出ているのですが、大いに酷評されたこの『1941』に出演したことで後の俳優人生を狂わせてしまった…(苦笑)。実はその前にハリウッドから大作映画の出演オファーがあったのだが、その時ミフネは「こんなふざけた映画に出られるか!!」と無下に断ってしまった。しかしその映画は後に世界的な大ヒットに!! 「し、しまった!!」と思ったミフネ御大は次にオファーのあった、しかもネームバリューのある若手監督・スピルバーグの『1941』への出演を二つ返事で快諾したのだが…結果はただ失笑をかって終わってしまった(笑)。その大ヒットした映画とは、ジョージ・ルーカス監督の『スター・ウォーズ』であり、ミフネがオファーされた役とはあのオビ=ワン・ケノービであったのだ(そーいやぁ『マトリックス』シリーズに“ミフネ船長”って出てたよね/笑)。

それともうひとつ、今やビデオでもDVDでも観られない作品を。
みなさん『カランバ』って覚えています?(正式な邦題は『残酷を超えた驚愕ドキュメント/カランバ』) いわゆるヤコペッティーの『世界残酷物語』なんかの系譜上にある“残酷ドキュメンタリーもの(といっても9割9分はヤラセ/笑)”の1本なのですが、これ日本ではそこそこヒットしたんだよね?。縄をつけたジープに引っ張られ、腕チョンパされるシーンが当時はCMでも流れ(平和な時代だったなぁ…)、当時とても話題になったのです。その頃私は小学生で、こーいった怖い映画やホラーなどは絶対NGの怖がりっ子だったので結局今に至るまで未見のままなのですが、学校では友達と縄跳びで両腕を引っ張り合ったりして、リーバイスのタグさながらの“カランバごっこ”をやったもんです(←実話/笑)。まぁ、今思えばとんでもないヤラセ映像なのですが、当時はそんなこと思いもしなかったし、なにせ純粋だったので(笑)、本気で信じて怖がっていましたよ?汗
監督はマリオ・モッラ『グレート・ハンティング』シリーズなどのこれまたいわゆる(インチキ)残酷ドキュメントものを得意としていた監督さんなのですが、ネットで調べてみたら『ポール・ポジション』というF-1ドキュメンタリー映画では、今やハリウッドで監督になってしまったヤン・デ・ボン(当時は撮影監督)とお仕事していたり、日本で大ヒットしたあの名作『ニュー・シネマ・パラダイス』では編集をしていたり…と、意外な過去が明らかに!! ま、そんな腕チョンパ映画みたいなのばっか作っていたから さすがに干されて編集業にとらばーゆしたのかな、と思うのですが…(笑)。

覚えていても今や観ることができない…そんな映画を思い出したらまたこの場でご報告致します。

8e348c84.jpg

__________

『SHAUN OF THE DEAD』というイギリス映画が気になります。
タイトルから察しが付く通り、実はコレ『ゾンビ(DAWN OF THE DEAD)』のパロディー。しかしお笑いとはいえ、トレイラー(予告編)を見る限りでは結構本格的な感じで怖そう…。
そーいやぁ先日公開された『ドーン・オブ・ザ・デッド』(←リメイクの方ね)がディレクターズ・カット・バージョンとしてDVD化されるんだとか。劇場で観た時にはグロシーンはほとんどカットされ、お子様仕様になっていたので、こちらは大いに楽しみです☆
んでそんなゾンビブームに便乗してか『死霊のえじき』(←しかも完全版らしい)も『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 死霊創世記』(←こちらはトム・サビーニがリメイクした方)もDVD再リリース。
そして当の生みの親 ジョージ・A・ロメロ御大はというと、今度は『LAND OF THE DEAD』というゾンビものの新作に着手するんだとか。懲りないね?、この人も(と、言いつつも興味津々の私/笑)。新ゾンビ三部作…って、おぬしは大林宣彦かっ!!(笑) もー『なんとか OF THE DEAD』はいいっス!!

映画道

久しぶりに友人とノミノミ乾杯 彼は世界中を放浪しているので、なかなか会ってゆっくり話す機会が持てないので貴重な時間でした。

彼は私に負けないくらいの映画好きでして、飲みの間も映画談義に花を咲かせておりました笑顔(二次会は我が家にてDVD鑑賞/笑)
「類は友を呼ぶ」とは申しますけど、自分と対等にお話しできるほどの映画好きというのはなかなかいるものではございません。これからも長いお付き合いとなることでしょう。
これからもいっぱい映画見るから覚悟しときぃや!!(『下妻物語』DVDは宿題ね☆/笑)

夢の見方教えます

最近とんでもなく恐ろしい夢を見てしまいまして…設定が『バイオハザード』もしくは『ガンツ』ってな感じで、バケモノ相手に拳銃ひとつで闘うのですが、現実(ま、夢なのですが/笑)はゲームのようにやりたい放題ではなく弾数も限られているのでドッキドキドクロ汗 う?ん、怖かったよ?!!(特にひとりでエレベーターとかに乗っていると)
んでその後も変な夢をたくさん見たのですが、その時の状況は…仰向けでおなかの上に大きめの枕(胴体が隠れるくらいの)を乗せ、テレビはつけっぱなし(ちょっと音大きめ)…この状態で寝るとほぼ100%の確率で夢を見られるのです!!(よくわからんのですが、これはレム睡眠と何か関係があるのかなぁ?) 実は「テレビをつけっぱなし」というところがミソでして、どーやらその音に連動して映像(夢)が出るようなのです(まぁ、寝ながらにしてテレビを見ているみたいなもんです)…ってことは夢で見てみたい映像を流しながら寝れば、それが夢に出てくる!? みなさまもちょっとためしてガッテン☆ 慣れてくるとテレビつけっぱしでなくても、寝る直前に見ていれば夢にも出ますよ(…ってこんなことできるのオレだけなのかなぁ?/笑)。
__________

『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル家族そろってお楽しみ下さい超豪華2時間半』を見る(←なげーなぁ…汗)。
一番笑えたのは俵山栄子のドラえもん(大山のぶ代)。さすが5年間練習したというだけあって似ておりました。ご本人も登場したのですが、視聴者は心の中でそっと思ったはず…「これでいつ逝っても大丈夫」と(笑)。CXのものまね王座といえば、ものまねから出た誠…山田康雄→クリカンという実績もあるしね(苦笑)。
しかし2時間半弱の番組内で一体何人のヨン様が出てきたぁ?(10人くらい?/笑) メガネ掛けてカツラ被ればネコもシャクシもヨン様である。今年はやっぱコレしかないのかなぁ? 『マツケンサンバ?』もあるし、2004年は8耐カラオケのコスプレネタには困らない感じです、ハイ音符(笑)

部員になりました

晴れて『東京Tシャツ部』の部員になることができました☆(って登録すれば誰でもなれるのですが/笑)
ちなみに部員番号は573番です。
リンクもしておりますので、興味のある方は是非遊びに行ってみてください☆

そーいえば今日東京では雨が振りまして、うちのおかんが「濡れちゃったから借りるねー」と私のヤイコTシャツを着て帰ってしまいました雨(笑)
まぁ私は阿呆阿呆Tしか持っていないので仕方がないのですが、もーちょっと地味なTシャツを探して着ていけばよかったのにと思う今日この頃…ドクロ(たぶんアレしかまともなヤツがなかったんだろうなぁ/笑)

ごめんなさいね

まだお引っ越しが済んだばかりなので繋がらないことが多いと思いますが、安定するまでしばしお待ちくださいませ。ドリコムさんに成り代わりペコリ。頑張ってくれているみたいなんで(まぁ、なにせ無料だから文句も言えんわな/笑)。

実は私も三十郎です

うをををををっ!!!! コンビニで発見たまごっち☆
『黒澤明 よみがえる巨匠の現場 用心棒/椿三十郎篇』!!
食玩を買うのは久しぶりだったのですが、これにはシビレた!!
原型制作は泣く子も黙る天下の海洋堂なのでフィギュアが素晴らしいのはもはや当たり前なのですが、それ以外のパッケージングなんかも凝りに凝りまくっているところがミソ。中に同包されているのは黒澤明も愛飲していたというプロポリス入りの黒糖滋養丸というあめ玉2つ(←かなり美味しかったデス)、それと『A.K(Akira Kurosawa)シネマジャーナル』という小冊子。これがまた出来がいいんだ!! 当時の撮影秘話や出演者へ取材した際のコメントとか載っていて充実の内容(モリナガ・ヨウ氏によるイラストも良い味出しています!)。組み立てて、眺めて、集めて、読んで、舐めて(笑)…これで368円は絶対に安い!!
そして箱を開くと折り込み部にさりげなく書いてある“この商品の売上の1%を日本映画振興のために寄付しています。” これには泣けてきた!!
そう、海洋堂のやりたかったことは「黒澤映画、そして日本映画を少しでも身近に感じほしい」っていう想いを伝えることなんだよなぁ?。映画作りとクラフトマンシップ、何か通ずるものもありますしね。
う?ん、ホンット良い仕事してるわ?☆
__________

…んでもって、三十郎フィギュアに興奮冷めやらぬ私かーやんは、ご自慢のビデオコレクションの中から『用心棒』『椿三十郎』を取り出し、久しぶりに2本ぶっ続けで鑑賞。
個人的には激シブの『用心棒』の方が好きなのですが、『椿三十郎』の小林桂樹による押し入れ出入りの繰り返しギャグもかなりツボです笑い
『用心棒』のオープニング、日本のグレッグ・トーランド 宮川一夫キャメラマンによる三十郎クローズアップの流麗なドリーショット、佐藤勝の時代劇らしからぬバタ臭い痛快なスコア、そして演技が上手いのかそれとも天然なのかよくわからない三船敏郎(笑)の怪演…とノッケからググッと引き込まれていく快感…これぞ「映画!」といった感じですな(某ムーア氏よ、見習いたまえ怒り/笑)。今やシネスコやワイドスクリーンの映画って日本じゃ少なくなったけれど、宮川一夫のあの構図のバランスは本当に美しいね。必然性があるというか説得力があるというか…もーシビレまくりです!!
そしてさびれ切って人通りすら無い宿場町に人の手をくわえた野良犬がヒョコヒョコと現れるシーンにはただただ脱帽だよね。台詞での説明を一切入れず、あの1ショットだけで宿場町のただならぬ異様な雰囲気を表現しちゃうんだから…。物語の導入部となる重要なあのシーンは「どうやって撮ろうか…」と黒澤天皇は悩んでいたそうなのですが、たまたま現場で軍手だかゴム手袋だかをくわえて歩いていた犬を見かけてドキッ!! 「これだっ!!」とひらめいたんだとか。
『椿三十郎』の名シーン、ラストの居合い抜き&血しぶき(下のフィギュアを見てちょ☆ 血しぶきは私がフォトショップでつけてみました)もシナリオ上のト書きでは「とても筆では書けない」と書かれていただけのものだったのだが、ああして映像で具現化するわけだからすごいよな?!!(っつーか血ぃ出過ぎ!/笑) あのシーンの撮影は三船・仲代両氏それぞれ別に殺陣をつけて、本番一発で撮ったんだとか。だからあのシーンがどうなるのかは監督と殺陣師しか把握しておらず、後ろで見ていた若侍たちがアッと驚くのも演技ではなくマジビックリだったというわけ。そりゃあ何も聞かされていなかったらあの血の量には驚くわな汗(しかもあのシーンの三船氏の刀は本身だったんだとか困った)

d571f395.jpg


嗚呼、ホントはもっといろんなことを書きたかったんだけど、キリがないんで今回はこの辺で…。『七人の侍』もいいけど、やっぱ私にとってのクロサワは黒澤×宮川の『用心棒』でキメッラブ

あ、そうそう。三十郎といえば桑畑&椿ですが(名前を聞かれたら、目の前にあったものを適当に名前にするというネタ)、もし眼前に広がる景色がチューリップ畑だったら…
「チューリップ三十郎…もうすぐ四十郎だがな…」
とか言ったりするんですかねぇ?花(爆)
__________

『FUJII ROCK』最終回総集編(無意味に沖縄ロケ/笑)前編をなにげに見る。
その中で今まで番組で呼んだお気に入りゲストのV“隆デレデレセレクション”というのを流していたのですが、セレクトされていたのは中島美嘉、美貴帝(ソロ時)、市川由衣、柴咲コウ…って、マシューの女の趣味ってオイラとまったく同じやんっ!!(笑) 特に美嘉タンと美貴帝の可愛さは尋常じゃないからなぁラブ(←そーいやぁ、オレどちらも生で見てるわ!!/笑) 貴方も もしどちらかと一日デートなんっつったら…やっぱ小躍りしちゃうっしょ!?(『マツケンサンバ?』ばりに/笑)
__________

えー、今日から当HP(ブログ)のサーバーがマイプロフィールからドリコムブログに変わりまして、インターフェイスはほぼ以前のままなのですが、URLが変更されました。
とりあえず以前のURLでも自動的にジャンプするので閲覧に問題はないのですが、ブックマークされている方は一応変更しておいてください。お手数ですが何卒ヨロシクです。
http://blog.drecom.jp/karyang/profile

さようなら、私の中のハロプロ…

またもやBSで今度はハロプロライブを観る(うわぁー、久しぶりだなぁ)。
Winkの『淋しい熱帯魚』をW(ダブルユー)が唄っていたのですが、一緒に唄っていたのが元モー娘。の保田圭、元T&Cボンバー(太陽とシスコムーン)の稲葉貴子、そしてココナッツ娘。のアヤカ(現在ひとりだけで活動)という…これっておもいっきり余りモンやんっ!!(爆) はっきり言ってしまえば“ハロプロの盲腸”(笑)。何もデュオ曲を強引に5分割して唄わんでも…(苦笑)。真剣にWinkダンスを踊る圭ちゃん、目がかなり怖かったデス…ドクロ(笑)
ハロプロも今や薄利多売、いくら実力があったって後藤やなっちのソロも世間の認知度は低いよな?汗 あややですら頭打ち状態なのに…。つんく♂帝国の崩壊も間近か!?

パクリで悪いか!!

以前ここで今注目の車について語りましたが、あれからまた面白い車を見つけました☆
Ritz(リッツ)という車なのですが、なんとこれフィアット500のそっくりさん☆(っつーかコピーっスね/笑)
ベースはなんと新型マーチ。私は基本的にレプリカ肯定派なので抵抗感はないですね。まぁね、かわいけりゃいいんですよ。そしてちゃんと走りさえすれば。ビートルだってミニだってずーっと変わらず作り続けていたじゃないですかぁ。トヨタ2000GTやスバル360だってレプリカ作れば絶対売れるんだってば!!

aa2366c8.jpg

__________

BSでやったRIP SLYMEのライブ@沖縄を観る。
去年も私の地元・昭和記念公園で行われた野外ライブをやはりBSで観たのですが、彼らのライブは気持ちいいね♪ あと5歳くらい若かったらオイラもガンガン踊っていたんだろうなぁ(笑)…って、調べてみたら彼らって私と同世代なのね(1973?79年生まれ)。じゃあオイラの身体が爺化しているだけか…はぁ(苦笑)。RIP SLYMEではしゃげるくらいに体力つけたいっス、ハイ。
んでその直後、10年前にRec.したスチャダラパーのライブを観てみたりして♪ 嗚呼、懐かしいなぁ…笑顔 彼らが10年間突っ走った後にできた道の上にRIPもいるわけやね。ラップの世界って横のつながりは強いけど、縦のつながりがいまいち気迫だよね(海外はどーなのでせうか? 洋楽は詳しくないんでよくわかりませんが)。向こうのラップミュージシャンってすぐに「Brother」とか「Cousin」とか言って仲間意識強いよね(「いとこ」なんて言われたら変にリアリティーがあるから信じちゃうよなー/笑)。日本の新旧ラッパーがレーベルの垣根を越えて集うイベントとかやらないっスかねぇ?。
__________

マクドナルド大好きっ子のかーやん、突然「インドのマクドナルドって一体どーなってんだろ?」と思い立ち、おもむろに検索。そしたら…あったよ!インドのマック!! そしてもちろんノービーフ!!(そしてイスラムもいるのでノーポークでもある) あーん、おいちそ?っ!! 嗚呼、世界中のマックを食べ尽くしてみたひ…。

Tシャツ(絶対)チェッカーズ☆

最近アゴヒゲの白髪がすごい!!(笑) 頭髪の白髪の方は嬉しいことにまだほとんどないのですが、ヒゲ(しかもアゴ部のみ)には白髪がいっぱい!!(ま、剃ればいいことなんだけどね/笑)
全部抜いて数えてみたら22本ありました(笑)。ビミョーにショック!!
__________

『ものまねバトル秋SP昭和vs平成名曲対決!!オール新ネタ満開祭り』、審査員席にいた宇梶剛士が着ていた『ゴッドファーザー』のTシャツが気になって気になって…(笑)。Tシャツ好きはテレビを見ていてもこんなところばっかり気にしているのです。「あ、やるせなすの石井ちゃん、今日はハンバーグ009のTシャツ着ていないかなぁ??」とかね(笑)。
以前原宿駅でキューブリックの『シャイニング』のTシャツ着ている人がいて、思わず「そ、それどこで買ったんですかぁ?」ってマジで聞きそうになっちゃったもんね(笑)。こうして常にかーやんのTシャツチェックの眼は光っているのです☆

天国と地獄

田代また逮捕かよー。
ここまで来ると、もーどーでもいい感じなのですが…更正の道はないのですかねぇ?
いっその事、出家してみるとかさぁ。クスリとかに手を出しちゃうってゆーのはきっと「まぁ他人様に迷惑を掛けなければとりあえずは良し」みたいな甘えからきているんでしょうな。これからまた何かあっても別にもう報道しなくていいっス。どーせ2ちゃんねらーの餌食になるだけだし…ドクロ
__________

新型携帯ゲーム機『ニンテンドーDS』のCM、ずるいよな?!! ヒッキーに穴あきワンピ着させるとは!! キューティーハニーじゃねーんだから…(笑)。あれじゃあもうティティにしか目ぇ行かないって(笑)。任天堂って昔は質実剛健なCM作っていて好感持てたんだけどなぁ…ちょっとガッカリ汗
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    livedoor プロフィール
    QRコード
    QRコード