かーやん☆ブログ

藤沢在住のエノニャン写真家。DJ karyangという名でDJもしております。何卒。

2005年06月

発表!2005年上半期ムービーベスト3

いよいよ2005年も折り返し地点…と、いうわけで今回は二代目淀長(襲名予定)セレクション・2005年上半期ムービーベスト3をお送り致します。

で、「今日観に行けばギリギリ上半期にエントリーできるな」と思い、お休みを利用して世界同時公開二日目の話題作『宇宙戦争』を早速観に行ってまいりましたよ!!

いやー、これは観るんだったら絶対映画館で観た方がいいっすよ!!(しかも最新の音響設備が整っている劇場で!!)
大音響を肌でビリビリ感じながら観ないとこの映画の本当の面白さは伝わらないだろうなぁ(ま、裏を返せばビデオで観たらその面白さは半減…ということだ)。
なにせ予告編でチラっと見えていたのがタコの足みたいなロボット(宇宙人)だったので(笑)、はっきり言ってあまり期待しないで観に行ったのですが…それが結果的にはよかったみたいです、ハイ(笑)。

これは『宇宙戦争』('53)のリメイクというよりは『ゴジラ』(第1作)のリメイクであり、9.11の再現であるとも言えよう。
宇宙人襲撃シーンがとにかく怖いのだ!!
スピルバーグでホラーといえば『ポルターガイスト』(スピルバーグ制作総指揮。監督はトビー・フーパー)があるが、きっと彼の中で「(監督として)本格的なホラーを撮りたい!!」という思いがあったのであろう(あのキューブリックでさえ『シャイニング』を撮っているのだから)。

衝撃度はあのオハマビーチのトンデモ映像で度肝を抜かれた『プライベート・ライアン』に劣るが、街がオモチャのように破壊されていく様はまさに圧巻である(素直に鳥肌立っちゃいました!!)。しかしスピさんってよくもまぁこう短期間で毎度毎度こんなもんをポコポコと作れるもんだよね?。これはただ単にアンブリン印で予算があるからというだけではなく、スピルバーグ組のチームワークとスピさんの早撮りの才能によるものなのであろう。

んでスピ組といえば、以前から私が大絶賛している本作でスピルバーグとのコンビ連続9作目となる撮影監督のヤヌス・カミンスキー!! 今回もいい仕事っぷりでしたよ!!
宇宙人侵略を借りて9.11もしくはヒロシマの地獄絵図を映像化してみせたその手腕はお見事!!
特に目を見張ったのは、トム・クルーズが子供たちを乗せて車で疾走するシーンでのキャメラワーク!! ああいった一見何て事なさげなシーンってみんな何気に見ているんだろうけれど、CGを併用しているとはいえ前作の『ターミナル』以上に「これどーやって撮ったのぉ!?」の連続!!
こんな事を言っては失礼なのだが、一昔前はただ単にド派手な娯楽作を撮ってりゃオールOK!だったスピルバーグ作品の質を確実に底上げしているのはアーティスティックな仕事っぷりに定評があるヤヌス・カミンスキーの功績と言えよう。
スピルバーグがリュック・ベッソン状態(制作総指揮サイド)から脱却してこの10年以上精力的に監督作を立て続けに撮っているというのも、きっとヤヌスとの仕事が充実していて楽しいからなんだろうなぁ…と、勝手に解釈する二代目淀長なのであった(笑)。

あ、あとこれだけ言っておこう。
ダコタ・ファニング、可愛かったにゃ?ラブ(笑)
でも後半に行くにしたがって ちょっとだけ演技の巧さが鼻についてきたけどね(苦笑)。ガキンチョのくせに(笑)。
末はE.T.っ子・ドリュー・バリモアジョディ・フォスターか!?
そのうち おっきくなったら マチルダことナタリー・ポートマンみたいにLuxスーパーリッチのCMとかに出るようになるのかなぁ?(笑)
____________________

で、ここで冒頭で申し上げましたとおり 二代目淀長(襲名予定)が選ぶ2005年上半期ムービーベスト3を発表致します!!

今年劇場で観た作品は以下の10本!!(『Ray/レイ』はDVDで観たので、あえてエントリー外とさせて頂きました)

『エイリアンvsプレデター』
『インストール』
『オーシャンズ12』
『ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方』
『エターナル・サンシャイン』
『映画クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ3分ポッキリ大進撃』
『電車男』
『タナカヒロシのすべて』
『ミリオンダラー・ベイビー』
『宇宙戦争』
(鑑賞順)

いやー、昨年末から月2本ペースで頑張って観ているなぁ?。
やっぱ映画は劇場で観るのが一番やねハート

それでは上半期ベスト1作品は…(ドラムロール/笑)




該当作品無し!!(苦笑)

…えーっ!!!!(笑)

だって、だって、ずば抜けて面白いって思える作品が本当になかったんだもーんっ!!

ちなみに次点の作品は
『ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方』
『電車男』
『ミリオンダラー・ベイビー』
『宇宙戦争』
の4作品が同率で2位(もはやベスト3にした意味がない!!/苦笑)。
3位は
『エターナル・サンシャイン』
です。

んでもって2005年上半期最低作品は…(もう本頁で何度も言ったので発表は割愛!!/苦笑)。
まぁ、これを越えられる最低作品はそうそう出てくるものではなかろう…(笑)。

先日地元シネコンのファンクラブに入会しまして(入会費1000円)、これから向こう1年間は1300円で映画を観ることができる(しかも10回映画を観ると1回タダで観られる!!)ので、7月以降もバンバン観に行きますよ?!!

これからも二代目淀長(襲名予定)の映画評をお楽しみに☆

伝説の男(否ガッツ)

今日もまた『BSアニメ夜話』を見る。

今回は『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』

ゲストは ななななーんと作画監督の板野一郎!!

昨日お話ししました大塚康生が日本アニメ界の神様出崎統奇才だとすると、板野一郎は生ける伝説といえよう。

戦闘機から発せられた無数のミサイルが縦横無尽に飛び交う演出は板野サーカスと呼ばれ、映画『トップガン』『インデペンデンス・デイ』にも多大なる影響を与えたという、まさに日本アニメ界の超偉人なのである。

そして板野氏といえばもうひとつ伝説がありまして、バイクにロケット花火を装着して走りながら火を点け、ロケット花火と併走したという有名な話があるのですが(それが板野サーカスのヒントになったらしい)…どーやらそれは本当の話だったようです(笑)。
板野氏本人が番組内で図解付きで説明していたのですが、なんと100本のロケット花火に同時点火して併走したらしく、その前方には友人のバイクを走らせていたそうです(よいこは絶対にマネしちゃダメだぞ!!/笑)。

そりゃあ想像だけであんなミサイルの軌道を思いつけるわけないもんなぁ?。やっぱ天才はやることがひと味もふた味も違います!!

静(出崎)と動(大塚)のエクスタシー

今また『BSアニメ夜話』やっとりますね?☆(第4弾)

昨日の『未来少年コナン』では大塚康生御大を、今日の『劇場版 エースをねらえ!』では出崎統を総力特集!!

宮崎・押井・富野・庵野ばかりが日本アニメではないぞっ!!

大塚・出崎こそが日本のアニメを進化・発展させ続けてきた まさに偉大なる牽引車であると言っても過言ではないだろう。
二代目淀長が心底リスペクトする日本アニメ界を代表するこの裏二大巨頭を取り上げてくれたNHKに感謝☆

ホントはこの両巨頭について もっともっと語りたいのですが、時間がないので いずれまたゆっくりお話しすることにしましょうかね?

それではチャオ☆

くたばれ!iPod shuffle

iriverのメディアプレイヤーを衝動買い!!

4f2c04a1.jpg

先日アイワのメディアプレイヤーを買い直したばかりなのですが、それとは別にまたこれを購入したというのも、FMラジオを搭載しているだけではなく、FM番組をタイマー録音できる点に惚れてしまったから音符

で、そのデータを専用のソフトでPCに取り込みMP3に変換すればいつでもどこでも鬼玉を聴けるというワケ。これはスグレモノだぁ?!! ラジカセとか使ってMDに録音するより絶対こっちの方がいいもんね音符 ふふふふふっ☆

闘いは既に始まっている

今夜は待ちに待ったPRIDEミドルGPの準々決勝戦!!

ショーグン様、強かったね。

オーフレイム、こりゃとんでもないダークホースだ!! 末恐ろしいなぁ…。

柔くんこと中村カズルーテル相手に健闘していたね。ちょっと感心(しかし試合中柔道着を脱いだ次の瞬間ボコボコにされていたあのマヌケっぷりには唖然/笑)。

桜庭、ボコボコだったね汗(苦笑) あのレ・バンナばりのひでぶ顔は観ていてかなり痛かったです注射(いろんな意味で)
でも、入場直前VのBGMがFPMの『Reaching for the Stars』だったのは激烈ポイント高しっ!! ホントPRIDE中継のスタッフのセンスの良さには毎回感心させられます音符(美濃輪「GO TO SUMMER」しかり/笑)

しかーし、今夜のメインはミドルGPよりもエキシビジョン・マッチでしょ!?

でも地上波ではミルコ先生以外はほとんどダイジェストでの放送…うーむ、悲しすぎる悲しい
ノゲイラ兄の扱いも実に小さいなぁ。あの312戦無敗の男・ナツラに勝ったというのに…。

対戦カードは“夏の男祭り”と銘打っただけあってまさに豪華なものだったが、試合自体は全体的に地味な印象でしたな汗(苦笑) ま、これだったら生で観られなくても別によかったかなといった感じ。

今回一番ドキドキしたのは、試合終了後リング上で抱き合う(しかも笑顔で!!)勝者ミルコとエメリヤー援交・ヒョードルでした(笑)。別の意味で怖えーよ、コイツら汗(苦笑)

PRIDE浪人生(しかも二浪)ミルコと王者ヒョードルとの闘いは既に始まっております。

早く来いや来いや2ヵ月後!!

もーちょっと語りたいのですが、今夜はもう遅いんでこの辺で…☆

夏の男祭り前夜祭

今夜は以前当頁にてご紹介しました謎の(!?)格闘技居酒屋にてノミノミ乾杯

で、前回はミルコ・クロコップのフィギュアが置いてあったというお話をしましたが、久しぶりに来店しましたら なんと今度はエメリヤーエンコ・ヒョードル選手のフィギュアが!!!!(笑)

どーやらこの店のご主人が私の飲み&PRIDE友達のW氏のヒョードル好きを知ってわざわざ入手してくれたのだとか!!

なんかこういう心遣いってウレシイよね笑いハート

さ、今夜はPRIDEミドルGP前夜祭ノリで盛り上がりましたが、明日はどーなることやら…放送が今から楽しみです。

ではでは☆

リンリン秘蔵映像

お休みを利用して昨夜から撮りためていた椎名林檎レア映像の数々を黙々とDVDに編集りんご

いやー、懐かしいなぁ?音符
特にスペースシャワーTVで放送されたインタビュー番組『多面体テレパシー』『糾弾リサイクル』は貴重な記録映像です。
それと1st.アルバム『無罪モラトリアム』と3rd.シングル『ここでキスして。』を購入した人だけが応募できた(発売当時)『椎名林檎スペシャル・メイキングビデオ』(300本限定)の映像もかなりレアです。

んでもって、こうした貴重な映像を何故所有し得たかといいますと、私は『リンゴ・ホリック』という椎名林檎女史のメーリング・リストを主催しておりまして、全国にリンゴ・ホリック(林檎中毒)のお友達がいるのです。まぁ、そうしたコネクションがあるので色々入手できたのですがね(もちろん自分で撮りためた映像も有り)。ホント、皆様に感謝すいませんハート

で、ふと思ったのだが、椎名林檎は一度きちんとした形でライブ映画を撮った方がいいなと。

一昔前にミスチルがライブ映画を上映したことがあったが、椎名林檎こそ日本の映画史に名を残すべき存在ではなかろうか(DVD作品だけでも充分に完成度が高いのだが)。

私がこよなく愛するライブ映画といえばトーキング・ヘッズ『ストップ・メイキング・センス』U2『U2/魂の叫び』の2本。
この2本はライブ映像としてというよりも映画としての完成度が高く 奇跡的に美しい作品なのですが、奇しくもこの2本の映画の撮影をしているのが同じ人物で(これは後から知った)ジョーダン・クローネンウェスという撮影監督(シネフィルの間では『ブレードランナー』の撮影監督として有名)。

そうだ!! 椎名林檎のライブ映画を撮るとしたらジョーダン・クローネンウェスにやらせるしかないっ!!!!(笑)

追記:ジョーダン・クローネンウェスは既にお亡くなりになられたそうです。合掌。ちなみに同じく撮影監督のジェフ・クローネンウェスは彼の息子さんだそうです。

ムーブ藍っ!!

今日職場で販促品をもらっちゃいました☆

ジャーン!!

53c0ce29.jpg

某メーカーのイメージキャラとしておなじみの宮里藍ちんタオルですハート(笑)

これは私が藍ちんファンと知って某売場担当の方がプレゼントしてくれたものですプレゼント

はっきり言ってしまうと、宮里藍はそれほどカワイイとは思わないのですが(←失礼)、なーんか雰囲気が好きなんですよね?ハート それとあのムチムチ感が…ラブ(以下省略/笑)
____________________

みのもんた問題発言でスポンサー降板かぁ。

そーいえば以前『トゥナイト?』で乱一世「CMの間にトイレに行ってください!!」と失言して番組降ろされたことがあったっけなぁ?(苦笑)。

みのも自分が珍プレーしてちゃあ世話ないよな?汗(笑)

皆様も軽々しい発言には要注意!!
ではでは☆

元祖プルコギ焼きそばの男

コンビニで前から気になっていた日清の『プルコギ焼そば 甘辛醤油だれ』を購入。

28dd1450.jpg

実はオイラ、1年半くらい前に渋谷の某焼き肉食べ放題の店でこのプルコギ焼きそばを開発していたのですよ!!(笑)

あー、日清に先超された!!(笑)
んで早速食してみたのですが…オイラが作ったのよりインスタントの方が美味しかったです、ハイ汗(苦笑)

キャラメル食べ飽きました(笑)

最近コンビニに寄るとついつい『タイムスリップグリコ 大阪万博編』を買ってしまうのですが、今まで4回購入してダブリ率がなんと50%!!

松下館タイムカプセルガス館ホステスしか出ないよ?!!(笑)

c2be484b.jpg

こんなに立て続けにダブると買う気なくすよな?(苦笑)。
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    にほんブログ村