かーやん☆ブログ

藤沢在住のエノニャン写真家。DJ karyangという名でDJもしております。何卒。

2007年09月

ネコミミ☆アヤナミ

やっほい☆

ども、かーやんだお☆

昨日はアキバツアーを満喫致しました音符


でね…

今回も買ってきたのですよ!!

アヤニャミ・フィギュアを☆(笑)


700円使って、結局UFOキャッチャーで取れなかったので

ショップにて、2体・2100円で購入致しました(←だったら始めっから買えばよかったのに…/苦笑)。


まずはコレ

1fea4a02.jpg

わおっ!!

猫耳☆ ネコミミーっ!!(爆っ)

このフィギュア、実によくできてるんですよぉ☆

猫コスということもあり、ブーツ、手袋、リボン以外の衣装には 全て起毛があります!!

このフワフワ触感!!

そして このアニマル感!!(笑)

ブライズものとしては、かなりのVIPクオリティーです☆(笑)

164cff94.jpg

ほら、しっぽも ちゃーんと☆(笑)

8f827dfc.jpg

毛繕いというわけではないんでしょうけど、右手をペロリ…☆

た、たまらん…☆(笑)


で、もうひとつは…

643eec76.jpg

前回に引き続き、ミズギーっ!!(笑)

しかも…

1e0bcd27.jpg

パレオー!!

って、今でもパレオって言うんですか? コレ…(苦笑)。

気がついたら、スパッツは レギンスって呼ばれてるし…(爆っ)。

0842564c.jpg

しかも、バッグ付き☆(笑)

さっきの猫耳綾波よりも、気持ち顔立ちが端正。

そして気持ち胸が小さいような…(笑)。


以前もこのブログで言いましたが…

「こんな14歳、ぜってーいねーっ!!!!」(苦笑)

このペースで、アキバへ行くたんびにフィギュア買ってたら

部屋中 アヤニャミだらけになっちゃうお?っ!!(笑)


嗚呼、誰か蒼井優フィギュアも作ってください…ハート(笑)

同居人紹介

昨日 ネットで注文していた 蒼井優ちゃんの2008年カレンダーも届きましたぁ☆

6f29d25c.jpg

もう死ぬほどカワユスっ!!!!

でも 握手するまでには 死にたくない汗(爆っ)

B1サイズの巨大auが これから1年間 オイラのお部屋に…ハート

ハァハァハァ…☆(←またコレかいっ!!/笑)

かーやんのマジカル・アキバツアー

たっだいまぁ?☆

アキバツアーから帰ってきました かーやんやんです☆

今日は 先日『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』を一緒に観に行った友人・I氏を連れて、電脳都市・アキハバラへ行ってきたのです。

実はI氏、アキバへ行くのは 初めて!!…という事で、オイラがガイド役に抜擢された…というワケで御座います。

ま、オイラからすれば いつものアキバ探索なのですが、アキバ・ヴァージン(笑)のI氏に色々と特別にレクチャーしてさしあげましたよ☆


まず最初に行ったのは…アキバ名物といえばコレ!!

メイドカフェ☆(笑)

行ってきたのは、いつもアキバデートの際に使っている(爆っ)行きつけの某有名店デス♪

あ、もちろん「萌え萌えじゃんけん大会」もやってきましたよぉ☆(笑)


で、その後は ブラブラとパソコンのパーツを漁ったり、エ○ゲーや同人誌のお店で社会科見学(爆っ)したりしていたのですが…

その途中で なんと!!

高田明美先生の原画展をハケーン!!

ed9635dd.jpg

高田明美といえば、オイラが子供の頃から大好きだったアニメ『うる星やつら』『魔法の天使 クリィミーマミ』そして『機動警察パトレイバー』等のキャラクターデザインを担当されていたイラストレーターさんなのです。

そして、生まれて初めて高田先生の原画を拝見致しました☆

もう感動・感激っ!!

その繊細なタッチや色遣い、そしてホワイトで修正してある跡まで しっかり確認しちゃったりなんかして(笑)…もうこの瞬間だけは

オサレが抜けてヲタ全開

でした!!

I氏は、そんなオイラを見て…

「かーやん、なんかすごく にやけてて、嬉しそうだったよ…」

と、申しておりました(笑)。

で、この原画展では 展示してある作品の即売もやっていたのですが、商談している人がいたので ちらっとお値段を見てみたのですが…

1枚で だいたい

25?35万

くらいするみたいです汗(苦笑)

はっきり言って、高田先生のイラストは 絵画・アートレベルですからね!!

うーん、お金を貯めて いつか絶対買うぞっ!!(笑)


んで、その後は またもブラブラとショッピング☆

と、言いましても I氏は ほとんど何も買わず、買っているのはオイラだけでしたけど…(笑)。

ほいで、外国人観光者向けのDUTY FREEのお店で お仕事に使えそうな手頃なポーチを見つけたので 2つ購入致しました☆

52b9929d.jpg

もちろん激安デシタよ♪


そしてエクセルシオール・カフェで一服した後に、某カメラ(笑)のアキバ店にも行ってきました。

そこでオイラは、愛機・W-ZERO3[es](PHS)用のUSBフレキシブルコネクターを購入。

4f4e4f09.jpg

これがあると、USB機器(キーボードやフラッシュメモリー等)の接続が楽になります☆(あんまり使わないとは思うのですが/苦笑)


で、諸々の所要の買い物を済ませた後は、いよいよ今回のツアーのメイン・イベントともいえる「ラジオ会館」散策です!!(笑)

海洋堂のホビーロビーや、オイラの行きつけのドール屋さん(そこでいつもピンキーストリートを買う)、そしてフィギュアや同人誌のショップ等を一通り見て回って、ばっちりレクチャーしてあげましたよ☆(笑)

I氏は 元々アニメ・マンガにあまり興味がなく、パソコンや電化製品にも疎い、ホント良い意味で「極々フツーの人」なのです(笑)。

で、今回は そのI氏が「社会見学」として、今話題の秋葉原を見て回りたい!!…という事で、今回オイラがガイドしてあげたのですが、とっても喜んでくれたみたいだったのでホントにヨカッタです☆


とりあえず今回は アキバツアーの模様をダダダーッと早足でご紹介してまいりましたが、実は 今回のブログで紹介しきれていないネタもありますので…それはまた後日やりますので お楽しみに☆

あー、疲れたっ!!(笑)

結局2冊に…(苦笑)

どもっ!!

アキバツアーから帰ってきました かーやんです☆


で、まずツアー報告の前に、あらためて ご報告を…

f0843f90.jpg

これが握手会の整理券なりハート(フフフフフッ☆)

bb9601ba.jpg

そして『ダンデライオン』は手元に2冊…(爆っ)。

ミッション完了!!

今センター街のファーストキッチンでブレイク中の かーやん@渋谷です。

つ、ついに…

ゲットできたお?っ!!!!

蒼井優タソの握手券っ☆

やったぁ?っ!!

うわぁーい わーい☆

あとは、如何に適当な理由をでっちあげて会社を休むかである☆(笑)

『蒼井優地獄』のメンバーさんともオフ会とかできたらいいなぁ?☆


ではでは、オイラはこれからアキバへ移動致します☆(笑)

今日は友人に「アキバツアー」のガイドを頼まれているんで(笑)。

しかし、そんな依頼をされてしまい、それを受けてしまうオイラって…オサレヲタぢゃなくて、ただの「ヲタ」ぁ!?(苦笑)
-----------------
sent from W-ZERO3

ダンデライオン

今日、本日発売の蒼井優タソ(以下auと呼称/笑)の写真集『ダンデライオン』が我が家に届きました☆

95f00969.jpg

au、ハァハァ…☆(笑)

高橋ヨーコ(カメラマン)女史とのコラボ写真集の第2弾となりまして、今回は全編シベリアロケです(前作『トラベル・サンド』はアメリカロケ)。

db70d597.jpg

で、出版元のロッキング・オンのネット通販で購入しましたら『トラベル・サンド』と一緒に収納できる紙製のケースがオマケでついてきました☆

4025ce5e.jpg


でね

先程 オイラが管理しているミクシィのコミュ

『蒼井優地獄』(笑)

のメンバーさんから情報を得たのですが…

なんと

11月に

この写真集の

握手会

をするんですと!!


つ、つまり…

念願の

生auに会えるチャンス!?(笑)


渋谷の某書店でのイベントらしいのですが、写真集購入者先着300名限定ということなので、明日早朝渋谷まで行ってみます!!(笑)

こんなチャンス、めったにないからなぁ?汗

仕事を無理矢理休んでも行こうかと思っております(苦笑)。


auと

auと…

握手っ!!

ハァハァ…☆(笑)


どーしよ、どーしよっ!!

auと握手しちゃったら

もう2度と手ぇ洗えない…☆(笑)


でもさぁ

冷静に考えたら…

オイラ、既に買っちゃってるんだよね。この写真集…ドクロ(爆っ)

って事は、一家に2冊かぁ…本本(苦笑)

よし、1冊は誰かにプレゼントしよーっとプレゼントハート(笑)


ではでは コーフン状態のまま(笑)、今夜はこれにて失礼!!

明日は渋谷の後、友人を連れてアキバツアーへ逝ってきますっ!!(笑)

北海道気分☆

昨日は『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』を観てきたのですが…

その際、伊勢丹の北海道物産展にちょこっと立ち寄ってきました。

んでね、んでね!!

美味しそうな北海道の名産品が いっぱいあったのですが

その数ある中で

ロイズ六花亭のチョコを差し押さえて(笑)、オイラが購入してきたのは…

これだっ!!(1・2・3♪)

532fca67.jpg

たーこーわーさーびぃ?っ音符(笑)

いわゆる居酒屋さんとかでよく見掛ける たこワサとは全然違うでしょ?

オクトパシーのレッグがスライスよ、スライス!!(爆っ)

で、たこワサと申しましても

ほのかに甘みがありまして

ホントに

ンマンマでしゅー☆(笑)


んで、今夜は帰りにコンビニで日本酒 買ってきました☆(笑)

このたこワサを肴に…

冷酒をキューッ…熱燗

ぷはぁーっ!!

た、たまんねぇーっ☆(笑)

スキヤキでもいい、マカロニでもいい

先程 映画館で友人と『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』を観に行ってきました。


「スキヤキ・ウエスタン」とは、イタリア映画のマカロニ・ウエスタンに引っ掛けたもので…(元々はスパゲティ・ウエスタンなのだが、それを何故だか「マカロニ」と呼び始めたのは なんと我が心の師匠・淀川長治氏であったりする)

この『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』の元ネタになっているマカロニ映画の『荒野の用心棒』は、黒澤明の『用心棒』を無断でリメイクした(要はパクった/苦笑)作品であるだとか…(結局裁判沙汰にまでなった)

「ジャンゴ」とは、これまたマカロニ映画の『続・荒野の用心棒』(邦題は「続」だが、実は『荒野の用心棒』の続編ではなかったりする/苦笑)の原題からの引用であるだとか…


この『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』を観ていたら

そんな小ネタの事なんて、もーどーでもよくなってきた!!(笑)

もちろん元ネタを知っていれば、それはそれでより楽しめる作品ではあるのですが…

そんな事を感じさせない馬鹿さ加減が、ホントに心地良い作品デシタ☆(←一応コレ、オイラ流の最上級の褒め言葉ですから/笑)


一緒に観に行った友人は 見終わった後、このように分析していた。

「あの内容(舞台は日本でキャストも日本人、だけど全編英語で日本語字幕)だったら、外国人にはウケるだろうし、ファッション(衣装)なんかも 今の若い子たちが見たら喜びそうな、そんな作りだったよね?」

と。


嗚呼…

違うっ!!

違うんだってばぁ?っ!!!!(笑)


もちろん この『ジャンゴ』は ベネチア国際映画祭にも出品され、現実に海外の配給会社からのオファーが殺到しており、話題になっているのは確かです。

でも、本作は…まぁ、海外に売り込むのも前提にはなっているのでしょうけれど

別に、外国人にもわかるように…という事で 媚びて台詞を英語で作ったわけではないような気がするのですよ!!

つまり、オイラが言いたいのは…

きっと三池崇史監督が言いたかったのは

「みんな(日本人)は、どーせー映画はアメリカ(ハリウッド)の方が日本よりも格上で、日本映画なんて格好悪いと思ってんだろ? じゃあ、お前らが大好きな外国の映画みたいに全編英語にして字幕までつけてやったよ。どーだ、これで一緒だろ?」

という

日本人のハリウッド映画&オリジナル(原語&字幕)至上主義に対してのアンチテーゼ

だったのではなかろうか。

だってね、アメリカを舞台にしている映画(西部劇)でイタリア語をしゃべったり(マカロニ・ウエスタン)、イタリアを舞台にした映画で英語をしゃべってたりする(先日ブログにも書いた『ローマの休日』しかり)わけですから(苦笑)…「映画は絶対オリジナル・原語(字幕)じゃなきゃダメ!!」なんて阿呆な事ぬかしている国民は 日本人くらいのもんですから(苦笑)。


前述の通り、元々はアメリカで生まれた西部劇→それをパクって低予算で作られた亜流のイタリア製 マカロニ・ウエスタン→日本映画『用心棒』をおもいっきりパクった『荒野の用心棒』→そして『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』

と、この流れは

一度イタリア人に奪われた『用心棒』を、日本人(三池監督)が奪い返した

と、解釈する事もできる。

まるで

チャールズ・マンソンからビートルズの『ヘルター・スケルター』を取り戻したU2

の如き、格好良さだ!!(爆っ)


しかし そうやって考えると、この『ジャンゴ』も要はパクリなのである(いや、厳密に言うと「パクリのパクリ」か/笑)。

でも別に引用はしていても『用心棒』や『荒野の用心棒』をそのままパクったりパロったりしただけではない。

オイラが思うに『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』で三池さんが言いたかった事は きっと…

「映画って 一体何なんだ!?」

という事のなのでしょう。


前々からオイラはこのブログでも散々、口が酸っぱくなる程

「映画の円環」

の話をしてきました。

そして映画は 他の芸術と違い

「模倣の文化」

の上に立っているものなんだと。

パクリとか、引用とか、インスパイアされたとか、オマージュを捧げただとか、 様々な言い方・色々な解釈はありますが…そもそも「映画とは何なんだ!?」という事は、そういう事にも関係しているのですよ。


でもね、別にオイラが言うほど真面目なもんでもないんですよ。この『ジャンゴ』は…(苦笑)。

映画の内容うんぬんよりも、オイラはその心意気というか潔さが なんだか見ていて心地良かったです☆(笑)

時代考証とか、リアリティーとか、パクリだとか、パクリじゃないだとか

もーそんな事、どーでもいいよ!!

っていう、この映画の立ち位置(スタンス)が オイラは結構好きだったりします☆(笑)

それとこの映画、三池さんが作ったから どんなに無茶苦茶やっても許されているんですよ(笑)。他の人が同じ事やったら 絶対みんな(観客&製作サイド)に怒られるって!!(苦笑)


で、気になるのは「続編」の事である。

いやいや、別に『ジャンゴ』の続編なんかないし、そんな話じゃないんですよ!!(笑)

その「続編」とは、今度リメイクされ公開される

『椿三十郎』(森田芳光監督、織田裕二主演)

の事である。


三池監督がパクリのパクリに独自のスパイスを目一杯ふりかけた『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』(『用心棒』)の公開に続き

その『用心棒』の続編である『椿三十郎』が公式に完全リメイクされるという…


これは単なる偶然なのか!?

それとも三池監督が ある意味「オリジナル至上主義」に対してわざとケンカを売ったのか!?(笑)


そっちの方が妙に気になった今日この頃です(笑)。


ホントはもっと書きたかった事がいっぱいあったのですが(キャストの事とかで)…今回はこの辺でチョン!!

御清聴有り難う御座いました☆

それでは最後はいつもの通り、二代目淀長(襲名予定)らしく…

「サヨナラ☆ サヨナラ☆ サヨナラ☆」(笑)

コズミック・サイクラー☆

中秋の名月で御座います月

ふと夜空を見上げたら、まんまるお月様☆

ab114b25.jpg

満月を見たら…狼男に変身するでがんす!!(笑)

狼男の話をはじめ、月の光には魔力があるとよく言われる。

満月(Luna)から派生して「ルナティック」(狂気的)という言葉もあるが、実際 満月の日には 犯罪や交通事故が多いらしい。

これは統計上 本当の話なのだが、科学的にはまだ何も解明されていない。


ま、それはさておき…(笑)

今オイラが見ている月と

貴方が見ている月は 同じ月…

そう思うだけで オイラは

ニンマリしてしまう☆(笑)

同じ時、同じ物を共有する喜び…

遠く離れていても 共有できる数少ない物のひとつだ

時空を越えて 夜空の下で今宵 貴方とデート☆

星空のランデブー

接客の極意!!

昨日のブログの続きネタです。

では、今夜はオイラの「接客の極意」をご紹介致しましょう。

ま、ホントちょっとした事なのですが、何かのお役に立てれば是幸いかと。


オイラは某家電量販店に勤めております。

今どこに行ってもポイントカードというやつがありますよねぇ?

御多分に漏れず うちでもやっているのですが、カードを紛失した場合、再発行ができるシステムになっているのですよ。

ちなみに再発行料は100円。

でね、妹ちゃんを含めたレジの子や、オイラ以外のスタッフの説明を端から聞いていると みんな


「あのお、再発行には 100円かかってしまうのですが、よろしいですか?」


っていう言い方をするわけね。


で、オイラが引っ掛かったのは

「100円かかってしまう」

というところである。

「100円かかってしまう」という言い方は、オイラが聞くと…


「100円(も)かかってしまう」


と 聞こえるのですよ!!(笑)


そんな言い方されたらさぁ

「えー、再発行するのに100円もかかるのかぁ?。んじゃ、やーめた!!」

ってなると思うんだよね。オイラが客の立場にたって考えたら。


んで、オイラはこういう状況の時、どーやって説明するのかと申しますとぉ…


「100円で再発行できますけど、やっときますぅ?」


ってな 感じである。


「100円かかる」よりは全然いいっしょ?(笑)

オイラが言う「100円で」という言葉には…


(たった)100円で できますよぉ?☆」


という意味合いが込められている(笑)。

「たった100円」だったら、お客さんも


「あ、なーんだ。100円で再発行できるのかぁ?。んじゃ、お願いします☆」


と、なるわけである(笑)。


「100円かかってしまう」って言ってしまう気持ちもわからなくはないですよ。

「カードを作り替えるだけで 100円も取ってしまって申し訳ない!!」的なね。

でもね、これは逆転の発想なんです。

そもそも この場合、お店の側がそこまでシタデに出る必要はないんですよ。

だってカードを無くしたのは お客さんの方なんですから(苦笑)。

だから「たった100円で再発行できるんだから、やっとけば?」

という気楽なイメージを相手に与えてあげれば良いだけのである。


たかが100円、されど100円

言い方ひとつでお客さんが受ける印象は大きく変わるはずなのである。

____________________


追伸:昨日のブログで「こちらのメニューは相当辛いですが、こちらでよろしかったでしょうか?」という例えを書きましたら、とあるメル友さんから

「よろしかったでしょうか?」の表現は間違いで

「よろしいですか?」と、いう使い方が正解とご指摘を賜りました。

何が偉そうに「接客の極意」だよなぁ。そんなオイラの方が間違ってるやんっ!!…という話です(苦笑)。

日本語って難しいね!!(笑)

ではでは、アデュー☆
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
    にほんブログ村