かーやん☆ブログ

DJ karyangという名でDJもしております。から揚げ51個おじさん。

2011年11月

女賭博師丁半旅

江波杏子「女賭博師」シリーズ 第14弾。 

オープニングはいつも汽車のショットが定番のこのシリーズなのだが、なんと今回は初っぱなから新幹線(0系)!! 

時代は確実に移り変わっていたんですねぇ。鉄火場渡世なんてこの時既にアナクロなものだったんでしょうけどw 

で、今回のメインゲストは なんとオイラが大好きな俳優の佐藤允!! 

東宝からわざわざ借りてきたのも納得の圧倒的存在感。着流し姿が かっこいいにゃ~☆w 

それと脇を固める藤巻潤や お茶漬け屋の久保奈穂子もよかった☆ 


壷振り師であった父の 謎の死の真相を探るべく賭博師の道を選んだ お銀さんの運命や如何に!!w

ベイスターズ ファン感 2011

【11/23】撮影分


2011_1123_120730AA

はい、今年も横浜ベイスターズのファン感謝デーに行ってきましたよー☆


2011_1123_124434AC-02

今年のメインイベントは女子ソフト・ルネサスエレクロニクス高崎とのエキシビジョンマッチ。体感速度160キロ以上の上野由岐子の球なんて打てるわけがねぇ(実際 上野からは誰も打てず、ベイスターズは女子相手に大敗…/苦笑)。


2011_1123_130110AA

解説の宇津木さんに代わり女子チームの監督を務めた欽ちゃんが、今年震災でボランティアに寄与した事でチームから表彰されました。 


2011_1123_130223AA-02

胴上げ~☆


2011_1123_150503AA-02

ひちょり(右)と豚まんくん…もとい、吉村(左)w 


2011_1123_150624AA-02

番長!!


2011_1123_150645AA-02

そして ラストは加地社長 with ハマスタキャラクターズ!!(笑)

一応TBSはまだ株主ではあるから、また来年もハマスタに来てね。ブーブ&エキベー☆w 

そしてバーバパパの中の人は佐伯ではないww


さてさて、監督不在・新しい親会社も確定しないままでのファン感でしたが、来期は一体どうなるのでしょうか?

でもオイラは ベイスターズを応援し続けますよ☆

ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う

竹中直人のオーバーアクトが如何にもな感じで しっくりこなかったが、作品そのものはまぁまぁ面白かった。しかし、やたらと ひとり言の多いダイアローグと冗長な編集が いまいち。言葉の多い映画って駄作なんだよね、基本的には。言及による説明じゃなくて映像で見せろよっていう。「沈黙は金なり」って言うでしょ? 

基本オイラは人間が無惨に死んだり 切り刻まれたりする映画が大好物なんでw そもそも映画なんつーもんはR-15指定ぐらいで調度良いんだよなw 刺激の無いチョコレートみたいな甘っちょろい映画なんて見ていてもつまらんしw 

石井隆(監督)がいなくなったら こういう ざらつき感のある日本映画って消滅しちゃうのかねぇ? そう思うとちょっと残念。 


本作は やっぱ女優陣(大竹しのぶ、佐藤寛子、井上晴美)の演技がいいから 面白かったんだろうなぁ。大竹しのぶなんてヴァンプ通り越して完全にキチガイだよ、キチガイ!!w 

それと無事 佐藤寛子の超美乳も拝めてヨカッタヨカッタ☆ 冥土の土産になったぜ。ナンマンダ~ナンマンダ~w それとプロ級のポールダンスとローションプレイは見もの。それだけでも必見の価値ありかとw 

いい女優って、いい監督から生まれるもんなんだよなぁ、と つくづく痛感w


っつーか、見終わった後に知ったんだけど 女刑事役の
東風万智子って「真中瞳」だったんか!!!!(芸名を変えて女優として再デビューしていた)

 ちっとも気づかなかった…(苦笑)。

女賭博師十番勝負

今日も壷を振り振り全国行脚(笑)、江波杏子「女賭博師」シリーズの第13作目。

若き日の峰岸徹(当時芸名・峰岸隆之介)や平泉成(当時芸名・平泉征)、夏純子(しかもショート時代!!w)が見られる貴重な1本(峰岸徹がなかなかカッコイイ!! 準主役的な扱いになっていて、ラストでは派手なアクションも披露している)。大坂志郎、小松方正、北龍二らレギュラーメンバーも多数登場。うちらの世代ではホームドラマなんかでしかあまり見掛けない 渡辺文雄や船越英二のインテリヤクザっぷりも見どころかとw 


いかさまの手口も第13弾目ともなると より巧妙になってきて笑えるなw 

失明の恐怖というシリーズ最大の危機に直面した大滝銀子の運命や如何に!?w 

あ、そういえば博打好きの名眼科医の役を菅井一郎がやってたなー。 

菅井一郎といえば やっぱ小津さんの『麦秋』だよねーw 北龍二以外にもまたもや小津組ハケーン!!w

がんばろう仙台

x2_95486dc

11/15~16まで 仙台に行ってました。

1年9ヶ月ぶり、震災後初の来仙だったのですが、仲間たちの笑顔が見られてよかったです。

今度は間を空けず 行くようにしよう。

だって ここはオイラの帰るべき第二の故郷なのだから。

冒険者たち ガンバと7匹のなかま

テレビアニメの名作『ガンバの冒険』を再編集した出崎統監督による劇場版作品。

しかし26話×25分程の話をよくぞ90分ちょっとでまとめたもんだなーw

なのでストーリーは 第1話の仲間たちとの出会いと旅の発端、それと最後のノロイとの直接対決のくだりがメインに。

でもやっぱ本当はみんなに全話通して観てもらいたいよなー。

オイラの中で『ガンバの冒険』は永遠の神アニメなり☆

しかし大塚周夫が演ずる 残酷非道の白イタチのノロイだが、子供の頃は本気で怖く憎たらしいと思ったもんだが、よくよく考えてみたらネズミみたいなちっちゃい生き物からしたら巨大で恐ろしいだけで、実はただのイタチなんじゃね?…と、思ってしまったw


iPhoneから更新

女賭博師さいころ化粧

オープニングから我らがエナキョンの生唄(『眠れぬ夜のために』)が聞ける 江波杏子「女賭博師」シリーズ 第12弾w

12作目ともなると映像もかなりスタイリッシュになってきたし、江波杏子の演技も堂に入ってきた。

成田三樹夫や大坂志郎などレギュラーメンバーも多数。

ゲストキャラの露口茂が渋いっ!!(しかも若いっ!! 露口茂っていうと山さんのイメージしか
なかったからなぁw)


タートルネック&中盆姿のエナキョン、おっぱいボインボイン!!w

それと お銀さん(江波杏子)と お秋さん(久保菜穂子)との ちょっと百合っぽい お風呂シーンとかもあったりして、見せ場が多い回かとw


こういうシリーズものって回を増すごとに大味になりがちなのだが、この「女賭博師」シリーズは非常に安定してるし、内容や人間関係の設定も凝っている(逆いかさまの件など)。一見の価値あり。ちょっとシビれた☆w


iPhoneから更新

コン・エアー

相変わらず のっけから最後の最後までハイテンション、ジェリー・ブラッカイマー印の無茶苦茶アクション・ムービーであるw

基本的にブラッカイマーの作品は好きじゃないんだけれど、ニコラス・ケイジとのコンビ作は むしろ好きなんだよねー(『ザ・ロック』『ナショナル・トレジャー』等)、悔しいんだけど(笑)。

しかしこの映画、先日観た『野生の証明』同様、ハリウッド版「コワ面俳優」のオンパレードなんだよねー(ジョン・マルコビッチ、スティーヴ・ブシェミ、トニー・ダレホ、そしてある意味 ニコラス・ケイジも/苦笑)。

日本版コン・エアー作ったら、サイラス役は 成田三樹夫で確定だな!!(爆っ)

きっと この手の映画って『ダイ・ハード』シリーズと『スピード』シリーズなんかとネタを取り合ってたんだろうなぁ。「あーっ、またヤラれた!!」みたいな感じでw


iPhoneから更新

ミエルヒ

ヤスケン主演・うれしー製作・藤やん演出のHTVドラマ『ミエルヒ』を初鑑賞。

水どうスタッフが結集して作ったとは思えないほど真面目なドラマだった(しかしもちろんユーモアは忘れていないが)。

どんなに逆境にあっても、人生は生きているだけで美しいのかもしれない。

短編だったがハートウォーミングな秀作だった。

是非とも藤やんには本編(劇場作品)も撮ってもらいたいですね☆


iPhoneから更新

映画 フレッシュプリキュア! おもちゃの国は秘密がいっぱい!?

なんかテレビ版の単なる拡大版だった。ちょっとガッカリ…。

危なく劇場まで観に行くとこだった!!(←当時ハマってたw)


iPhoneから更新
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    livedoor プロフィール
    QRコード
    QRコード