かーやん☆ブログ

DJ karyangという名でDJもしております。から揚げ51個おじさん。

2017年10月

HOUSE(ハウス)

大林宣彦監督の劇場長編デビュー作。

遅咲きの本編デビューを果たした大林監督は手練手管で観せる映像作家としての才覚をフルに発揮し、本作で後の角川映画へと続くアイドル映画の片鱗も見せている。

1977年の作品って事は『シャイニング』よりも『ポルターガイスト』よりも早いんだぜ。ちょっとコレってすごくない?w

それと若い女の子を脱がせるテクニックも、もうこの頃から既に一流だwwww

しかしこの頃の池上季実子って、今の石原さとみと完全に一致なっ!!wwww ちょっとビックリするから騙されたと思って観てみ!!尾道三部作もいいけど、こっちも忘れちゃならねぇマスターピース☆w


★★★★★

ヒッチコック

脚本家 サーシャ・ガヴァシによる初監督作品。

特殊メイクでアルフレッド・ヒッチコック監督を名優 アンソニー・ホプキンスが演じた。

タイトルは『ヒッチコック』だが、内容は映画『サイコ』の製作秘話にフォーカスを絞って撮られている。

既知のエピソード満載だったが、想像以上に面白かった。1時間半程の短い尺でまさしく『サイコ』のシャワーシーンさながらにテンポ良く繋ぎ、飽きさせずに観せている。それと本作が魅力あるものになっているのは、実在の人物を演じている役者さんたちのリアリティーだ。エド・ゲインやアンソニー・パーキンスを演じた役者さんがあまりにも本人に似過ぎててビックリしたが、ジャネット・リーを演じた女優さんがこれまたソックリで綺麗な人だなーと感心していたら なんとスカーレット・ヨハンソンだったというw こいつは女デ・ニーロかっ!? wwwwジャネット・リーもやれば、草薙素子まで演じるという(笑)モンスターっぷりは圧巻なので、それだけでも一見の価値ありの作品。

ただ『サイコ』を観ていないと成立しない作品ではあるのですが(笑)、観ていて感心したのは『サイコ』の撮影現場を描きながらも ちゃんとネタバレはさせていなかった点だ(シャワーシーンの詳細やラストシーン等)。つまりあまりいないとは思うが『ヒッチコック』を観てから興味を持って『サイコ』を観ても支障のないような作りになっているのだ。


で、本作の見どころというか語るべきポイントはいくつかあって、まず『サイコ』のメイキングを描くという事で その舞台はパラマウント・スタジオなのだが、製作・配給はなんと 20世紀フォックスというw おおらかな国だよなー、アメリカって ヴェラ・マイルズとの確執とかも包み隠さずちゃんと描いているし(ヴェラは本当は『めまい』にヒロインとして出演する予定だったのだが、妊娠のため降板。その役をキム・ノヴァクが演じた)。

そして音楽のダニー・エルフマンは実は本作だけでなく他にもヒッチコック関連作に関与している。なんとガス・ヴァン・サントがリメイクした『サイコ』の音楽監修もしているのだ(オリジナルはバーナード・ハーマン)。

それと撮影のジェフ・クローネンウェスはデヴィッド・フィンチャー監督作品の常連だ。フィンチャーといえば、先日当頁でもご紹介したドキュメンタリー映画『ヒッチコック/トリュフォー』にもインタビュー出演している生粋のヒッチコキアンでもある。ちなみに彼のお父さんは『ブレードランナー』やトーキング・ヘッズのライブ映画『ストップ・メイキング・センス』等の撮影監督 ジョーダン・クローネンウェスだ。


8 1/2』しかり『アメリカの夜』しかり「映画について言及した映画」というのは傑作が多い。

自分も若き頃、自主映画を作っていたりしたので良くわかるのだが、映画というものは観るよりも自分で作った方が100倍楽しい(ただそのリスクは 200倍だが…w)。

自分は映画を作るという行為に命を削ってはいけないと思っているのだが、それを職業とし本当に自分が作りたいと思える作品と巡り会えるという事は映画人にとっては最大の幸福であり、そのためだったら本作にあるように家を抵当に入れてでも作るべきものなのだ。ヒッチコックだけではなく、コッポラも岡本喜八もそうして傑作をいくつも編み出した。あの当時 既に巨匠でファイナル・カット権も有していたヒッチコックですらも必ずしも優遇されているわけではなかったという事がこの映画からよくわかる。


★★★★☆

ヒッチコック/トリュフォー

タイトル通り、フランソワ・トリュフォー監督によるアルフレッド・ヒッチコック監督へのインタビューから生まれた「映画の教科書」とも言うべき名著『映画術(ヒッチコック/トリュフォー)』を題材とした、インタビューの際に録音された膨大な量の貴重な音源や写真等とヒッチコックの影響下にある現代の著名な映画監督たちのインタビューで構成されているドキュメンタリー・フィルム。
1時間20分の短い作品なのだが、まぁ映画館で観なくてよかったな、ビデオ向きの内容だなと率直に思った。
『めまい』の夢と現実が交錯する感覚というのは そのままデヴィッド・リンチ監督作品に通ずるものがあるよな、とか思ったり。
前述のリンチをはじめ、デ・パルマとかサム・ライミとか露骨なヒッチ・フォロワーをあえて避けてインタビューをしているのも興味深し。黒沢清のインタビューももっと聞きたかったな。

★★★☆☆
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    livedoor プロフィール
    QRコード
    QRコード