今日も妹と交差点で立ち話。

外で立ち話なんて、なんだか中学生とか高校生に戻ったみたいで、ちょっぴり若返ったような気がします(気持ちだけ/笑)。

しかしこの冬の間 夜空の下で幾度となく語り合ったせいか、日に日に彼女が強くなっているのを実感致します。
辛くて苦しくて、今にも泣き出しそうだった頃の彼女じゃないもんね、今は。

あー、ホント幸せになってほしいよラブ こんな良い娘が幸せになれなかったとしたら、それは世の中の方が間違っているって!! 神様は公平であると信じたいよ、兄としては汗

ま、楽な恋愛なんてもんは存在しないと思いますが、それでも彼(彼女)と逢っている時は楽しくなくちゃいけないよな。それが苦痛に感じられるようになってきたらオシマイっしょドクロ

だから別れ話を切り出した時に彼が泣きに入って舌でもかみ切ろうもんなら

「アゴを押さえて頭を押して介添えしてやれ!!」

と、優しくアドバイスしてあげました(笑)。

普段は自己中心的でそっけなくしているくせに、冷たくしたり別れを匂わせたとたんに手のひら返しで突然優しくなるような男って めちゃくちゃみっともないと思わないか?
最低の部類だぞ、男として怒り 格好悪いったらありゃしない!!

そこで慈悲の心が働いてしまうところが我が妹の良いところでもあり悪いところでもあるのですが、でもその優しさこそが彼女最大の魅力のような気もするのですハート
あー、ホントもったいないっ!!

んじゃ、今夜はこれから『魔法の天使クリィミーマミ』を観ます@GyaO

以上、愚兄からの報告デシタ☆(苦笑)