ども、お久しぶりの二代目淀長(襲名予定)です。


今日はアンコール上映中の『フラガール』を観に行ったのですが…

なんと!!

音響機材のトラブルにより

上映が中止されていました悲しい


なので、その代わりに『さくらん』を観てきたのですが…。

まぁ、はっきり言ってしまうとぉ…

つまらなかったです(苦笑)。

ま、二代目淀長(襲名予定)的 史上最低映画『インストール』ほど酷くはなかったのですが(苦笑)…大変残念な事に

映画になってなかった

んだよなぁ?。


脚本や演出にも問題はあるとは思うのですが、一番の問題は

土屋アンナの演技の下手っぷり

が 目立ってしまってなんとも…汗(苦笑)

周りを固めている役者陣がなんとも豪華で芸達者な人達ばっかだったから余計に目立っちゃったんだろうなぁ。
主役がコレじゃあマズイって!!(笑)

ま、オイラ的に一番シビレたのは…

菅野美穂の濡れ場

かな?(爆)

あれだけで ゴハン3杯はイケるねっ!!(笑)

特筆すべき点は、まぁこんなところでせうか…(苦笑)。

あと成宮寛貴クンと安藤政信の演技は オイラの中では好印象デシタ☆


オイラ、さっき「映画になっていない」と、なんか偉そうに言ってしまいましたが

「じゃあ アンタの言う“映画”って何なんだよっ!?」

と、おっしゃる方もいるかと思いますので 最後につけ加えておきますが…


映画ってね

「おおっ!!」

と、思わせるショットが1カットでもあれば

映画として成立するもんだと思うのですよ。


はっきり言ってしまうと『さくらん』には、そうした映画が放つ独特の「エクスタシー」が無かった…という事なのです。


東洋のソフィア・コッポラこと 蜷川実花女史…これにめげずまた頑張ってください。
初監督作品なんて まぁそんなもんですから…。

ちょっとオイラ、期待しすぎてたんだろうなぁ…。


ではでは、今夜はこの辺で☆
サヨナラ サヨナラ サヨナラっ!!(笑)