今日は お仕事お休みだったのですが、雨降りでしたので

近所のシネコンに行って

『ランボー 最後の戦場』

を観てきました。


最初に言っておこう。

これは ただのアクション映画ではない。

ましてや ホラー映画でもない(苦笑)。

あの執拗までに描かれる『プライベート・ライアン』をも凌駕した人体破壊描写

孤独に生きる男 ジョン・ランボー

もしくは スタローン監督の「心の叫び」だ。


いや?、久しぶりに血湧き肉躍る映画を観たなぁ?☆

クライマックスの50ミリマシンガンの掃射シーンでは、オイラのアドレナリンはピュッピュと噴き出し、見終わった後には 手に汗握るというよりは コーフンのあまり 汗ダクダクになっていました汗汗(笑)


映画としては 明らかにスケールダウン(苦笑)。

しかし その心意気はA級以上だった。

映画館で もう1回くらい観てもいいかなぁ?☆

なんか世間では賛否両論(いや、否の方が多いか!?/苦笑)のようですが

オイラ的には ランボーシリーズ最高傑作です、ハイ☆

でも 心臓の弱い方には あまりオススメはできないかな?(R-15指定だし/苦笑)


【おまけ】ランボー豆知識

記念すべき第1作目『ランボー』('82)の原題は『FIRST BLOOD』だった。

しかしスタローンは その日本での邦題『ランボー(RAMBO)』が痛く気に入り、次作(『ランボー 怒りの脱出』)から『RAMBO』という名前をタイトルとする事にしたそうだ。

つまり「逆輸入」のタイトルだったのね☆(笑)