ども、免許が無いくせに車にやたらと詳しい かーやんです☆w

以前からこのブログでも何度か語っているので 覚えている方もいるかもしれませんが

オイラは車の中でもオープンカーが好きなのです☆

って優香、屋根のない車しか 車として認めていませんっ!!(笑)

ついでに言うと、ジープみたいにドアも無くても良いです☆w


で、オイラがオープンカーについて長年疑問に思っていた事をネットで調べてみましたー☆w

それは…

「オープンカーと、カブリオレと、コンバーチブルの厳密な違いとは何か!?」

と、いうもの(笑)。


オープンカーと 一口に言いましても、いろんな名称があって それをどーやって使い分けているのか、その厳密な差異がよく理解できていなかったのですよ。

なので、今回は このブログでオイラがレポート致します☆

日常生活において、それほど役に立つ知識ではないのですが(苦笑)…まぁ「トリビア」(ネタ)として覚えておいてもいいかもしれませんw


まずは「オープンカーの定義」から説明しましょう。

調べてみたら この定義は オープンカーの名称と密接に関係している事が判りました!!w

オープンカーには

初めから屋根が開いているもの



元々は屋根があるのに あえて屋根を外したもの

と、おおざっぱに分けると2種類に分かれます。


で、前者の「初めから屋根が開いているもの」とは つまりオープンカーである事を前提に作られている車という事ですね。

つまり「屋根(幌)は 雨が降った時に使うもの」という考え方です。

こうした車種を

ロードスター(マツダ・ロードスター、アウディ等。マツダの車名とはまた別にロードスターとも呼ぶ)

スパイダー(アルファロメオ、ポルシェ等)

バルケッタ(伊語。フィアット等)

と、呼称します(基本的に2シーターのものが多い)。


そして後者の「元々は屋根があるのに あえて屋根を外したもの」とは そもそもハードトップ(屋根有り)として作られた車の屋根を取っ払ったもので

カブリオレ(ホンダ・シティ、VWゴルフ等)

コンバーチブル(ミニ等。米車によく用いられる)

と、呼ばれているのがそれです(つまりカブリオレとコンバーチブルの違いは名称の違いだけで意味は同じだった/笑)。

元々は屋根のある車なので「屋根を開ける事もできる」というスタンスで、必然的に2ドア4シーターのものが多いです。


ま、現在では幌ではなく ハードトップで電動格納式のオープンカーが多いので

クーペカブリオレ(ベンツ、レクサス等)

と、言われる事が多いようです。



それと他にも

タルガトップ(名称としてはポルシェの登録商標。頭上のルーフパネルのみを外せるようになっているタイプ)

Tバールーフ(日産フェアレディ等。タルガトップの真ん中に1本バーを残して剛性を高めたもの。)

あとオープンカーと呼ぶには邪道だとオイラは思うのですが

サンルーフ(屋根の真ん中だけが開閉するタイプ)

も、ファミリーの一員と位置づけてもいいのかもしれません(笑)。


んまー、オープンカーといっても これだけたくさんの呼び方があるんですねぇ~☆

ちなみに世界一速いオープンカーは…

F1マシン

です☆(レースカーには軽量化のため伝統的に屋根の無いものが多い/笑)


最後にもう一度言わせてもらいます!!

車なんて屋根なんかなくてもいいんです!!(笑)

もし雨が降ったら…乗るのをやめればいいんです!!w

以上、オイラが調べたレポートでした~☆