映画マラソン3本目はイギリスのアニメ『風が吹くとき』

20年以上前の作品だが、今観ても古びていない美術等のクオリティーは素晴らしい。

ただ被爆国の日本人が観るとピンと来ない部分が多いのも確かだ。

『はだしのゲン』のリアリティーと説得力には敵わないよな、仕方ないけど。

しかし終戦記念日に観ておいてよかった作品ではある。