本来は映画『オーバー・ザー・トップ』のED曲だったのだが、日本人のほとんどは この曲を聴くとF1グランプリの事を思い出し、アイルトン・セナがいたF1の良き時代に思いをはせるのであろう。