面白かったけど、やっぱパート1の方が良かったかな?

なんかクライマックスあたりは東京フレンドパークのアトラクションみたいだったしw

そしてダイアン・クルーガーが気がついたら峰不二子的役回り(色仕掛け担当)になっていてワロタw いつからそんなキャラに!?w


で、本作で特筆すべきは、ジェリー・ブラッカイマー作品には欠かせない ド派手なカーチェイス&アクションシーンですね☆

『ザ・ロック』のフェラーリとハマーの高級車スタント対決のシーンが好きなんだけど、『ナショナル・トレジャー』パート1もパート2も意欲的にカーアクションに挑んでいました。特に2のロンドン市内でのカーチェイスシーンには手に汗握った!! 観ながら足は ずーっとブレーキ踏んでたよ!!w

あ、そうそう。『ザ・ロック』つながりという事でいえば、エド・ハリスがまた出てたね!!

この豪華キャストをまた再々結集させて、果たしてパート3は作られるのか!?w あと1回ぐらいは見てみたいね☆w