今日も壷を振り振り全国行脚(笑)、江波杏子「女賭博師」シリーズの第13作目。

若き日の峰岸徹(当時芸名・峰岸隆之介)や平泉成(当時芸名・平泉征)、夏純子(しかもショート時代!!w)が見られる貴重な1本(峰岸徹がなかなかカッコイイ!! 準主役的な扱いになっていて、ラストでは派手なアクションも披露している)。大坂志郎、小松方正、北龍二らレギュラーメンバーも多数登場。うちらの世代ではホームドラマなんかでしかあまり見掛けない 渡辺文雄や船越英二のインテリヤクザっぷりも見どころかとw 


いかさまの手口も第13弾目ともなると より巧妙になってきて笑えるなw 

失明の恐怖というシリーズ最大の危機に直面した大滝銀子の運命や如何に!?w 

あ、そういえば博打好きの名眼科医の役を菅井一郎がやってたなー。 

菅井一郎といえば やっぱ小津さんの『麦秋』だよねーw 北龍二以外にもまたもや小津組ハケーン!!w