衝撃的なオープニングから始まる、当ブログでは すっかりおなじみの 江波杏子「女賭博師」シリーズ第16弾。

しかし70年代に入っても こんなの(失礼)を作ってたんだから、きっと人気はあったんだろうねぇ~。

エナキョンの色っぽさもピークを迎えて 最高潮w

トレンチコート姿も 着流し姿も さまになっている ミッキーさん(成田三樹夫)も いつになく渋くてカッコイイぞっ!!(今回はまた彼が抱えている「トラウマ(負い目)」が物語のキーになっている)


しかし、本作最大の見どころは なんと丸山明宏(現・美輪明宏)がもちろん「女壷振り師」役で登場!!ww

世間じゃ オーラの泉が出ているってだけで「カルト映画」呼ばわりだが(苦笑)、昇り竜のお銀さんに負けない迫力で圧倒的存在感!!w 

っつーか、それよりも 若き日のウルトラマンタロウ(篠田三郎)がちょい役で出ていたのに驚いた!!(気がつかなかったが、後で調べたら 前作の『女賭博師花の切り札』にも出ていたらしい)


エナキョン×ミッキーコンビの中では好きな作品かも☆