クレージーの映画というと 古澤憲吾監督や坪島孝監督のイメージが強かったので、須川栄三の演出と早坂暁佐々木守の脚本が非常に新鮮だった。クレージー映画の中でも後期の異色作と言ってもいいかもしれない。 

68年の作品だが もう既に「戦後は遠く」、植木等が日本の戦後史を総括する佳作。 

オープニングのグラフィックと針すなおのイラストがいい味を出しているw 

それと今まで お飾りヒロイン的存在でしかなかった 浜美枝の八面六臂の活躍も見られて楽しい一本。素直にオススメw