なんて恐ろしい子!!

勝新太郎主演による 座頭市の原点となった まさに「エピソード・ゼロ」。 

座頭の按摩師、スーパー悪童の杉の市が様々な不正を重ねつつ、不知火檢校(しらぬいけんぎょう)にまで上り詰め、没落するまでを描く いわばピカレスクロマンの傑作。 

しっかし、これだけの悪行を重ねた男でありながら どーも憎めないんだよなw 

それは『兵隊やくざ』シリーズの大宮もしかりなんだけどw 

つまりは 勝新さんの魅力がギュッと詰まったマスターピース。 

不知火檢校になってからの演技の使い分けとか実に巧い。三船敏郎なんかとは違って器用な人だったんだな、この人は。 

で、勝新さんがリアルに悪童なのは、作中で食っちゃった(中村)玉緒さんを後に本当に食っちゃったところだww でもまぁ、当時の大映の中では ずば抜けて可愛い女優さんだったからなぁ。 


まぁ、なかなか面白いんで 未見の方は騙されたと思って観てみて。