ついにシリーズ8作目。

話はやはり前作からの続きで、終戦直後の満州から始まる。

しかし今回は大宮・有田のバディでの活躍は少なく、爽快・痛快感はやや低め。

戦争映画というよりも『スリーメン&ベビー』(笑)。

それでも最期まで見せちゃうのは やはり田中徳三監督の安定した演出のおかげかw


んでもって、タイトルの間になんで★が入っちゃうのかは 最大の謎w

おそらく つのだ☆ひろ とか ダイヤモンド☆ユカイ的な世界観なのだろう(苦笑)。