勝新太郎の代表作・座頭市シリーズの記念すべき第1作目。

三隅研次監督の奥行き感のある 安定した演出が光る、東宝の『用心棒』と並ぶ傑作。

座頭市を語る上で このシリーズができるきっかけとなった『不知火検校』を外す事はできないが、 本作もその影響を受けていると同時に、また別のヒーロー像を構築しようとしている事が見ているとよく分かる。

そして勝新さんの魅力もさる事ながら、好敵手となる平手の造酒(みき)を演じた 天地茂がまた 圧倒的な存在感で作品に華を添えている。


劇中いわゆる「めくら」という言葉に対して、市は晴眼者に向かい「めあき」とある種 逆差別的な敬称で言い放つ。

目が見えていても 物事を見えていない者に対しての痛烈な批判…そういった精神がこの時代の映画にはまだ生きていた。

ホントこの頃の大映映画の泥臭さを再現する事は 現在の映画では不可能だなw だからこそ昔の映画は面白いし、発見も多い。