007シリーズ50周年にして最新作。

ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンドは結構好きです。前作2作もなかなか面白かったし。

本作オープニングのアクションシーンの迫力は満点だった。しかし話が進むにつれてアクション色は尻つぼみに…(苦笑)。

でもこの抑制した演出も50周年を意識した 初代ボンド ショーン・コネリーへのオマージュ、原点回帰だったのかなと都合よく解釈w 実際、アストンマーチンDB5も出てきましたし。

それとオマージュと同時にセルフパロディー的要素も多々あり。例えば新しくなった若い「Q」に「ペン型爆弾なんて、もう古い」と言わせたりとかねw

特筆すべきは、コーエン兄弟の作品のほとんどを手掛けている撮影監督 ロジャー・ディーキンスによる美しい映像。それだけでも一見の価値ありかと。


★★★★☆