久しぶりに観た。最初から最後までちゃんと観たのは、劇場で観た小学生か中学生以来かw

近年ではテレビで吹替版をやる度に 2ちゃんでスレッドが阿呆みたいに立って盛り上がる「祭り映画」になってしまったようだが(苦笑)、確かに今見直すと穴だらけではあるw そりゃあ 見ていて突っ込みたくもなるわな。まぁでも当時は「こんなもんか」と思って普通に見ていたけどw

だいたい自分の娘を助けるためだったら人殺しも誘拐・恐喝、器物破損・窃盗でもなんでも正当化されちゃうっていう とんでもない内容だからねw

シュワちゃん全盛期のこの頃、一方ではスタローンが『ランボー』とかやってて競うようにして お互い派手なアクション映画を大量生産したわけです。

その時代時代で ジョン・ウェインであったり、カーク・ダグラスであったり、チャールトン・へストンであったり、マッチョなアクションスターはいたわけですが、うちらアラフォー世代のアクションスターっていったら やっぱシュワルツェネッガーかスタローンか、ジャッキー・チェンだもんねw

M60やデザート・イーグルを片手でバンバン 玩具のように撃つアクション俳優なんて、もう今後出てこないかもなぁ…w

今となってはハイビジョン画質で簡単に見られるようになったので、敵のアジトをリモコン爆弾で破壊するシーンをよーく見ると、建物の周囲に立っている衛兵たちがマネキンである事が普通に見ていてはっきりと分かるw しかし、それもご愛嬌だw

ここはひとつ、素直に若き日のシュワちゃんのアクションと、アリッサ・ミラノの可愛さを楽しもう☆w

そういやぁ 本作でのアリッサ・ミラノの人気は当時本当に凄くて、『ロードショー』や『スクリーン』の表紙にもよくなっていたし、特に日本での人気が尋常ではなく、本国米国に先駆けてCDデビューとかもしてたもんなー。

そんなオイラも彼女のファンでした☆ 『レオン』のナタリー・ポートマンが現れるまではwwww


★★★☆☆