本日9月28日、NHKの朝の連続テレビ小説『あまちゃん』がフィナーレを迎えました。

自分も「あまちゃん論」的なものを当ブログで書かせてもらいましたが、いやー みなさんホント細かいところまで見ていますねぇ~。

『潮騒のメモリー』が『セーラー服と機関銃』のアンサーソングだったとか、トンネルの向こう側にはアキとユイの明るい未来の光が差しているとか、「その火(日)を飛び越えて~」とか…。

なので 『あまちゃん』についての深い考察は みなさんにお任せするとして(笑)、かーやんの「あまちゃん論」もこれで最終回。最後は作品を総括して締めくくりたいと思います。


『あまちゃん』というドラマは一体何だったのか…それは

山田洋次監督の『男はつらいよ』シリーズ以降、パッタリと途絶えてしまった日本の人情喜劇の復興・復権

だったのではなかろうか(ま、厳密に言ったら同じ系譜上に『釣りバカ日誌』シリーズなんかもありますがねw)。

宮藤官九郎は、被災した故郷でもある東北の地に、日本の朝に、笑いと笑顔を届けたかったのだ。

特に最終章でもあった震災編は 重くなりがちな題材ながらも 「お構いねぐ」という名台詞で 東北の健在ぶりと復興への希望を巧みに表現した(そういえば前述の『男はつらいよ』の最終作で寅さんは当時震災直後の神戸に訪れて支援活動をしているシーンで終えている)。


それと高く評価したいのは、大友良英による劇伴である。

あの軽快な『あまちゃん』のオープニングテーマは、どこか吉本新喜劇の出囃子によく似ているw

底抜けに明るい あの音楽のおかげで、この震災へと向かっていく事が始まった時からわかっている『あまちゃん』というドラマを安心して最後まで見られたような気がするのです。そう考えると、今回のドラマでの功績は大きかったのではなかろうかと。


あと 鈴鹿ひろ美、春子さん、そして大吉っつあんの合同結婚披露宴のシーンを見て感じたのは『あまちゃん』とは

中年賛歌

であったという点だw

なんでも朝の連ドラには「必ず劇中で一度は花嫁姿(結婚式)のシーンが出てくる」という暗黙の決まり事があるらしいのだ。

となると 通常は朝の連ドラでは主役であるヒロインの結婚式になるはずなのだが、『あまちゃん』では さにあらずw

フレッシュさとは無縁のおっさんとおばちゃんが こぞって3組も晴れ姿であるw しかもそのうち1組は事実婚、2組は同じパートナーとの再婚であるw

こうなってくるとアキとユイは本当に この番組のヒロインなのかと疑いたくなるw

ずーっと『あまちゃん』を見守ってきた熱心なファンからすれば、最終回以上に感涙されられたのも 鈴鹿ひろ美本人による『潮騒のメモリー』の生歌唱のシーンだったのではないかw 若者以上に元気な中年パワー、おそるべしw

『あまちゃん』は 明らかにクドカンが同じアラフォー世代に向けて送った応援歌であり、国民的番組である朝の連ドラを通じて放った「これからの日本は俺たちが作り支えていくんだ」という宣言(バトンタッチ)でもあるのだ。

子供の頃は面白いと思わず、ほとんど見る事がなかったNHK。しかし自分も齢四十を超えて、今こうして朝の連ドラを毎日欠かさず見る大人になるだなんて思ってもいなかったw

もちろんクドカンも まさか自分がNHKの朝の連ドラを書くとは思ってもみなかったであろうw

こんなに朝の連ドラで日本中が盛り上がったのは 『おしん』以来ではなかろうか?w

そして この異様なオンタイムでの盛り上がりに、スマホやSNSの普及が関与している事は言うまでもない。

テレビはまだまだオワコンではないというところをまざまざと見せつけた 記念碑的な作品にもなった『あまちゃん』に半年間たっぷりと楽しませてもらいました。

この場を借りまして あらためて、スタッフとキャストのみなさんに感謝の意を。


それとオイラが書こうと思っていた事のほとんどは この人が書いてくれていたので(笑)、もし興味がありましたら こちらをご覧ください。水島宏明さんのコラム です。