ロドニー・アッシャー監督の『ROOM237』を渋谷シネクイントにて観賞。

本作はモダンホラーの傑作、スタンリー・キューブリック監督の『シャイニング』を勝手に解体・解釈しちゃおうという遺族非公認の「第1回シャイニング都市伝説発表大会」であるw

それではまずここで数あるシャイニングネタのひとつを参考までにちょこっと明かしてしまおう。

そもそも『ROOM237』というタイトルは何なのか?

それは『シャイニング』の中に出てくるオーバールックホテルの幽霊が出てくる一室のルームナンバーなのだが、そもそもスティーブン・キングによる原作では217号室だったのだが、ロケで使用した実在のホテルには217号室があるため、客が怖がるといけないという理由から237号室に変更したというのがファンの間では定説になっていたのだが、実はそもそもそのホテルには217号室は存在していなかったという事がわかり、では何故 237号室に変える必要があったのか…というのがタイトル『ROOM237』の由来であり、本作ではその後 独自の「237(という数字)論」が展開されるというわけなのだが、それ以外にも興味深い「トンデモ『シャイニング』ネタ」が連発されるので、それは是非とも本編で確認して頂きたい。

もちろんこうした検証ドキュメンタリーができるのも「死人に口なし」であるからというのもあるが、自称・キューブリックマニアのオイラから見て 別に悪意のようなものを感じる事はなく、むしろキューブリック作品への偏愛を感じた。どちらかと言うと好意的な印象だ。ネットとかで見てみると キューブリックファンの間で本作は賛否が分かれているようだが、しかしまぁこれは冗談半分で見るのが正しい見方であり、そんなに目くじらを立てて怒るもんでもないかなと思ったw これがオイラの率直な感想だ。そもそもこういう都市伝説とか下世話な解釈とか蘊蓄とか、なんだかんだいってオイラの大好物だからねw

とはいえ、例えばこの『ROOM237』をキューブリックの事を知らない、もしくは『シャイニング』を観た事がない若者とかが見て「あー、こういう意味があったんだー」と真剣に信じ込んでしまってミスリードしなければいいなという事を切に願うのであったw こうした検証はあくまでお遊びであり、映画のひとつの見方であり楽しみ方なのだから。

キューブリックファンや『シャイニング』好き、映画好きの方はもちろんの事、『シャイニング』を観た事がない人でも「あ、観てみたいな!!」と思わせるような内容になっておりますので必見の1本かと。

でもあんまり映画が好きじゃない人とかが見たら「なんだこれ!?」って思うかもしれないねw はっきり言って 非デートムービーです、ハイw


★★★☆☆