ようやくこれでラストですw

ポリアカシリーズ第7弾(パート777ではないw)では ついにモスクワに!!

まぁ基本的には マイアミの時と一緒ですよね。「まぁモスクワにも行っとくか」というか、慰安旅行編というかw

ポイントは前作から5年も間が空いているという事(見ていない人も多いのでは?)。そしてついに レギュラーメンバーのハイタワーフックスプロクターもいなくなっちゃいました(確かハイタワーって マホニーなき後は一応主役扱いだったよなぁ!?/苦笑)。

で、ハリウッド映画としては珍しいロシアロケという事で気になって調べてみたのですが、冷戦締結後ペレストロイカの波に乗って作られた シュワルツェネッガーの『レッドブル』っていつの映画だっけと思ってググってみたら、1988年の映画だった。

そして このポリアカ7は’94年公開って、遅いなぁ…w 完全に波に乗り遅れてるやんっ!!(苦笑)

しかも本当にモスクワでロケしたんか!?…という疑惑もwwww

とにかくロシアの描き方が雑というか いい加減なんだよなー。もうロシア人が見たら怒るんじゃねーかというレベルでw だって軽くボルシチをDISっていたからね(苦笑)。

でもまぁ、もし仮に日本でロケしていたとしたら 忍者とか芸者とかがスシとかテンプラとかを投げて戦っていたりするんだろーなーw 所詮そんなもんだよ、外から見た他国なんてw

んでもって本作の見どころは、まるでドリフのコントのようだったボリショイ・バレエのシーンと(笑)、ヒロインのロシア人役のクレア・フォーラニの可愛さかな。

で、クレア・フォーラニって どんな女優さんかなーと気になって調べてみたら、このポリアカ7でデビューして その後 映画『ジョー・ブラックをよろしく』でブレイクして、そのままブラッド・ピットとも付き合っていたヤリマ…いやいや、やり手の女優さんでしたw

それとロシア側の警察署長役でドラキュラ役者で有名なクリストファー・リーが出ていて「この頃(’94年)まだ生きてたんだー」とビックリしたのだが、よくよく調べたら…

なんと今もご存命でした!!(爆っ)

現在91歳…もうこの「今も生きているんだか死んでいるんだかよくわからない感」は、坊屋三郎に匹敵するねwwww

っつーか 同じドラキュラ役者っていう事で、ベラ・ルゴシと混同していたのかもしれないなw


★★☆☆☆

____________________


【総括】

ようやく『ポリスアカデミー』シリーズ全7作を見終えました。

結論から言っちゃうと、主役のマホニー(スティーヴ・グッテンバーグ)が出ていたパート4までだね。面白く観られたのは。

だからこれから見てみたーいという人は、パート4まで見れば充分だよ!!w あとは蛇足という事で…(苦笑)。

で、これも調べて初めてわかった事なのだが、ハイタワー役のババ・スミスと タックルベリー役のデヴィッド・グラフの2名は共に若くして亡くなっていた。

まぁこうしてポリアカレビューをしていなかったらわからなかった事実である。

では、このレビューを亡き二人に捧げて 最後は敬礼っ!!(ビシッ!!)

____________________


さてさて 今まで大映の女賭博師シリーズ兵隊やくざシリーズ、東映のトラック野郎シリーズなど、見ても見なくても人生にあまり支障のない作品群を見てまいりましたが(笑)、 次回からは一体何のシリーズを制覇していくのか…実はもうネタは決まっているのですが、それはまた次回に発表致しましょう。

それでは次シリーズものレビューもお楽しみに!!w