お久しぶりの映画レビューですが、今回取り上げるのはアルフレッド・ヒッチコック監督の『逃走迷路』。

謎の男のシルエットから始まるオープニングから前半までの流れは ほぼ完璧。とても1942年(という事は戦時下)に作られた作品とは思えないほど、脚本にしても撮影にしてもクオリティーが高い逸品だった。まさにヒッチコック「映画術」の結晶と言えよう。

内容はヒッチコックお得意の「巻き込まれ型サスペンス」の典型。『サイコ』なんかでもやっていた「主人公を心理的に追いつめる演出」が実に巧い(ヒッチハイクでのトラックドライバーとの一連のやりとり)。そして この巻き込まれパターンは後に『北北西に進路を取れ』で結実するわけだが、『北北西~』よりもいいなぁ~と思ったのは、盲目の老人やサーカス団の人々のような「善意の人」の存在だ。なんか見ていてほっこりした。こうしたガス抜きのシーンが本作をただのプロパガンダ映画にしていない。だから今観ても充分に楽しめるんだろうなぁ~。

しかしラストの自由の女神のシーンはよくできているね。 当時の人はアレを見てビックリしたんじゃないかなぁ? あの有名なシーンは後に『北北西~』のラシュモア山のシーンでセルフリメイクされるわけだが、他の様々な映画にも影響を与えているので、それを探すのもまた一考かと(例えば『ダイ・ハード』のラストとか)。


★★★★☆