言わずも知れたジャッキー・チェンの代表作。

閑話休題

~冷静に考えたら、プロジェクトAとスパルタンXを合わせて『プロジェクトX』ができたのか!?~

閑話休題終了w


で、オイラはまさに この80年代ジャッキー全盛期の頃の映画を観て育った世代(オイル・ショッカーズ)なのだが、正直言うと当時はあまりちゃんとは観ておらず、香港映画といえば Mr.BOO!シリーズばかり 一生懸命観ていた変な(ダメな)子供だったw

たぶんこういう男臭い、身体を張ったアクションとかがあんまり好きじゃなかったんだろうなぁ(ちなみにガンアクションは好きだったので、この頃『ランボー』とか『コマンドー』なんかは普通に観ていたw)。

それで今こうして数十年の時を経て、真剣に(笑)ジャッキー映画と向き合って気がついた事をここに記しておきたい。


正直言うとオイラはこのサモ・ハンやユン・ピョウ等と大暴れしていた頃のジャッキーには あまり魅力を感じなかった。

なんかこう無駄に元気というか(笑)、アジア人の血の気の多さについていけないというか(笑)。

あと今観ると かなり無茶苦茶なアクション(スタント)をしていて、かなりドン引いた(有名な時計台から落ちるアクション等)。

そりゃあ怪我人や死者が出るわな、こんな事してりゃあ。この頃いっぱいあったもんね、そんな香港映画が。火薬の量が多すぎて出演者がみんな大やけどとかね(苦笑)。

それと

一体いくつ椅子を壊せば気が済むんだ

という問題もあるのですがwwww

あとさぁ、うちらの世代はみんな感じているかもしれないけど

内村光良の功罪

もあるよね(苦笑)。

彼のジャッキーを模したアクションを見た時に思った

「あ、ジャッキーじゃなくてもできるんだ」 感

がどうもねぇ…wwww


と、いろいろと全盛期ジャッキーをディスってしまったが…なんだかんだいっても 最終的にはクライマックスに向けて否応なしに盛り上がるテンションに流されて最後まで楽しんで観てしまったw

まぁオイラ的には『酔拳』の頃の初期ジャッキーが至高なのだが、やはりこの全盛期の頃のジャッキー映画のアクションはカンフーを超えた(捨てた)スタントであり、そのテンポと勢いで魅せる手法はミュージカル映画的でもあり、そしてそれに出ていたジャッキーはまさに

現代のバスター・キートンであり、現代のフレッド・アステア

だったのだと思う。

それとサモ・ハン・キンポーやユン・ピョウのような盟友と出会い、共に映画を作れたという事はジャッキー・チェンのキャリアを語る上で欠かす事ができないだろう。


ま、たまにはいいよね。こういうあんまり頭つかわないで観られる映画も☆w


★★★☆☆