またもやジャッキー・チェンなのであるw

今回初めて観たのだが、かなり完成度が高く正直驚いた。おそらくジャッキー映画の頂点なのではないかと。

冒頭のスラム街を突っ切って降っていくカーチェイス(『キャノンボール』シリーズで組んだハル・ニーダム監督の影響か)や バスター・キートンさながらの二階建てバスの追跡シーンは圧巻だし、ラストの「一体 何枚ガラスを割ったんだ!?」というショッピングセンターでのカンフー・アクション(『ブルース・ブラザーズ』へのオマージュか?/笑)、それとプロジェクトA』の時計台を彷彿とさせる決死のダイブシーン等、ノンストップで見どころてんこ盛りなのである。

刑事ものという事で もうちょっと堅苦しい話なのかと想像していたのだが、意外とコメディ要素も多く含まれており、そこら辺はジャッキーファンの期待を裏切っていない。

バースデー・サプライズで恋人に誤解されるシーンや、警察署内での電話応答のシーンでジャッキーのコメディ・センスが遺憾なく発揮されているので必見だ。ちょっとドリフっぽくもあるがw

そしてクライマックスからラストに向けての やり場のない怒りが爆発するシーンは、ブルース・リーの映画のカタルシスに通ずるものを感じた。ついにジャッキーがブルース・リーの境地に達した瞬間だ。

ブリジット・リンとマギー・チャンのWヒロインも良い目の保養となり 作品に華を添えているが、しかし香港映画ってアクション経験のない女優さんにもスタントなしで無茶苦茶やらすから見ていてヒヤヒヤするよなー(苦笑)。ホント、ジャッキーをはじめ死者が出てないのが救いだよな(いや、公表していないだけで実はいっぱい死んでいるのかしれないけどw)。

ブルース・リーは亡くなってレジェンドになったが、ジャッキー・チェンは無数の生傷を負いながらも いまだ現役で活動しているという事が、死なずに健在でいるという事が偉大なる伝説になったというわけだ。まさにリビング・レジェンドなのである。

ちなみに本作はハリウッド作品にも いろいろと影響を与えており、シルベスター・スタローンの『デッドフォール』やクリント・イーストウッドの『ダーティハリー5』等にも引用されたシーンがある(結局実現はしなかったが、実は『ダーティハリー5』の東洋人刑事役のオファーがジャッキーにあったという)。


最後に余談だが、オープニングで極秘指令を書面で受けて読んだらその場ですぐシュレッダーに掛けるというシーンがあったが、あれは実際当時の香港映画の撮影現場ではよくあった事なのである。

いいものがあればすぐになんでもパクってしまう中国人気質は既にこの時からあり(苦笑)、撮影台本があると撮影中もしくは撮影前にネタを盗用される可能性があるので 脚本は撮影当日そのシーンの分だけ現場で渡されたという、嘘のような本当の話なのであるw


★★★★☆