『〜の女』シリーズの頂点であり、カタルシスのある第一級のエンタメ作品としても巧く昇華されている。クライマックスのスリリングな駆け引きも実に映画的である。
 
しかしこんなの作ったら…そりゃあ刺されるわな(五社英雄も危惧していたらしい)。
いつもの山崎努や津川雅彦等の名優に頼らず、若手の大地康雄と村田雄浩をメインに据え、小気味の良い展開でコメディ作品としても見せている。出番は少ないが大滝秀治の名演もキラリと光る。

そしてここにも朝岡実嶺の陰が…wwww


★★★★☆