大林宣彦監督の劇場長編デビュー作。

遅咲きの本編デビューを果たした大林監督は手練手管で観せる映像作家としての才覚をフルに発揮し、本作で後の角川映画へと続くアイドル映画の片鱗も見せている。

1977年の作品って事は『シャイニング』よりも『ポルターガイスト』よりも早いんだぜ。ちょっとコレってすごくない?w

それと若い女の子を脱がせるテクニックも、もうこの頃から既に一流だwwww

しかしこの頃の池上季実子って、今の石原さとみと完全に一致なっ!!wwww ちょっとビックリするから騙されたと思って観てみ!!尾道三部作もいいけど、こっちも忘れちゃならねぇマスターピース☆w


★★★★★