刑事コロンボ『策謀の結末』観了。

48430010_2284934804892719_7297433844343373824_n

あの詩人、根っからの悪人ではないんだよね。ただ殺人を犯した事には変わりはないし、祖国(アイルランド)愛や自分が正しいと思った正義のためとはいえ大量の銃器を密輸しようとした事もいかんとし難い事実だ。
所詮「正義」なんてそんなもんなんだ。大義名分は単なる見せかけで、その正義も殺人も個的な欲望でしかない。
コロンボもジョー・デブリンにどこかで心を許しているように見せているが、それも捜査のためのまやかしだ。だが職務に忠実で心を鬼にしているというわけでも、刑事であるという正義のためにやっているわけでもない。
コロンボは ただ辻褄の合わない不誠実な事象に対して真実を見出したいだけなのだ。
そういった視点で見るとコロンボの捜査も個的な欲望なのかもしれないな。

★★★☆☆