今回は映画の邦題の話。原題よりも優れた邦題はいくつでも挙げられる。

オードリー・ヘップバーンの『おしゃれ泥棒』などいい例だ。
原題は『How to Steal a Million』つまり「100万ドルの盗み方教えます」…これはこれでおしゃれなタイトルなのだが、このおしゃれ感をそのままタイトルに落とし込んだ。

『俺たちに明日はない』の原題は『Bonnie and Clyde』。稀代の銀行強盗 ボニー・パーカーとクライド・バロウの有名な実話なので向こうではそのままで充分通じるが、これが日本で「ボニー・アンド・クライド」ではピンと来ない。
俺たちに明日はないとは まさしく衝撃的なラストを暗示するものになっているので しっくり来るタイトルだ。

ちなみに『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! 』(A Hard Day’s Night)や『史上最大の作戦』(The Longest Day)、『007 危機一発』(From Russia with Love)等は 映画評論家・水野晴郎がユナイト映画宣伝部在籍時に考案したものとされている(あえて危機一髪にしなかったところがミソ)。

それと邦題にしなくてよかった例もある。
ケビン・コスナー主演の『フィールド・オブ・ドリームス』は 日本での試写会時には邦題がついていた。それが

『とうもろこし畑のキャッチボール』

である(苦笑)。もしこのまま公開されていたら あんなにヒットしていなかったであろうw

それとヒットを狙ったあざとい邦題もある。
シガニー・ウィーバーが動物学者を演じた『愛は霧のかなたに』がそうだ。原題はなんと『Gorillas in the Mist』つまり「ゴリラは霧のかなたに」だ(笑)。まぁこれじゃ客は入らないわなw
『愛と青春の旅だち』『愛と哀しみのボレロ』『愛と哀しみの果て』『愛と喝采の日々』『愛と追憶の日々』等々…一時期「愛と」をつけときゃあ とりあえずオッケーみたいな風潮があったのも事実だ。あまりにも安直すぎると思うのだが(苦笑)。
しかし『愛と青春の旅だち』が原題の「士官と紳士」(An Officer and a Gentleman)だったら なんかパッとしないしねw

とにかく今後の日本の映画配給会社の努力に期待します。僕はオリジナル至上主義(原題・日本語字幕)には懐疑的な立場なんで。あんま手を抜くなよw