『男はつらいよ 柴又慕情』観了。

なんといっても脚本が秀逸。女3人のバチェロレッテ・ジャーニーと全国を独りでさすらう同じくチョンガーの寅次郎との対比が実に巧い。内容も前作よりもコメディ色が強くなっている。なにせ前作『寅次郎恋歌』は博の母の死の話でお正月映画なのに とにかく暗かったからなぁ(苦笑)。焼きナスを食べながら悶絶する前田吟の演技は必見wwww

で、本作のマドンナは吉永小百合。とにかく可愛い!!w そして掛け値無しに演技が巧い。撮影時はおそらく26〜7歳だと思われるが、この時 渥美清は44歳。昭和47年当時としてはいささか歳の離れたマドンナだが、それだけ当時 吉永小百合の人気があった証拠だ(ちなみに同役で13作目にも再登板している)。

50501249_2327290047323861_6258794444456198144_n

★★★★★