『男はつらいよ』第1作目、観了。

本シリーズは回を重ねる事で松竹の喜劇映画から盆暮れ正月の定番となる「寅さん(の)映画」という独自のフォーマットを構築していく。
そのスーパーオリジンとしての第1作なわけだが(厳密に言えば、その前身となるテレビ版もあるが)、この時点で もう既にその人情喜劇としての基本的要素がみっちりと詰め込まれている。
だが初回という事もあり、まだまだ荒削りな点が多いのも事実だ。
だが半世紀の時を掛けて完成形をみた『男はつらいよ』の原点は まさしくここにあり、最新作である50作目『お帰り 寅さん』でもこの第1作目の映像が数多く挿入されていた。

そう、全てはここから始まったのである。

★★★★☆

IMG_8696