かーやん☆ブログ

DJ karyangという名でDJもしております。

試験に出るブルース・ブラザーズ

帰ってきた試験に出るブルース・ブラザーズ

おひさしぶりです!!

去年に引き続き、今年も「ブルース・ブラザーズ上映飲み会」をやる事にしました~♪w

是非とも
年中行事にしたくて…w

で、今回も前回
同様、併せて楽しんで頂ければとブログで特集を組みました。

参加される方も そうでない方も、お時間ある時にでも ご一読して頂ければ是幸い。

___________________


その1: 何故シカゴなのか


まず『ブルース・ブラザーズ』の舞台が何故にシカゴ(イリノイ州)なのかというお話から。
それにはまずR&Bミュージックの起源の話からしなければならない。
20世紀初頭にニューオリンズで生まれたマーチングバンドやディキシーランド・ジャズがミシシッピ川を遡って伝播し、メンフィスでブルースやR&Bに、さらに北上してそれがシカゴの白人の手によってアーバンなジャズやR&Bに昇華されたという黒人音楽の歴史がある。
そして白人によるカントリー・ミュージックと黒人のR&Bがエルビス・プレスリーによって融合され、それが後にロックンロールと呼ばれるわけである。
まさにシカゴとはR&B(黒人音楽)とR&R(白人音楽)の交差点のような特別な土地なのである。

黒人音楽のゴスペルから始まり、白人音楽のロックンロール(エルビスの『監獄ロック』)で終わるこの映画は まさにアメリカ音楽のルーツを順に辿って行くジェイクとエルウッドのアメリカ音楽史巡礼のロードムービーでもあるわけだ。

ちなみに続編の『ブルース・ブラザーズ2000』ではラストに出演者一同で『ニューオリンズ』を唄い、今度は逆にミシシッピ川を下って聖地・ニューオリンズに向かうという心憎い演出がある。



これこそまさに
原点回帰であり、円環構造になっているのだ。


その2: 名脇役 フランク・オズについて

フランク・オズという名前を聞いても その役者の事をパッと思い浮かべられる人はそうそういないと思うが、熱心なBBファンの皆様ならご存知であろう。
そう、オープニングのワンシーンにだけ出てくるジョリエット刑務所の看守役の男である!!w
そして後に続編『ブルース・ブラザーズ2000』では なんと同刑務所長にまで昇りつめた!!w

しかし、BBファンであってもフランク・オズが他のどんな映画に出演していたかは まったくと言っていいほど思いつかないw
実際 役者としては あまり代表作はないのだが「声の仕事」(それと操演も)では誰もが知っている大役を持っている。

それは『スターウォーズ』シリーズのヨーダの声だ!!w

そして映画『ダーククリスタル』や『リトルショップ・オブ・ホラーズ』では なんと監督業までしている。
ちなみにBBのショッピングモールでのカーチェイスシーンで紳士がトイザらスでグローバーのぬいぐるみを手にしながら美人店員に「ミス・ピギーもください」と言ったところにパトカーが突っ込んでくるシーンがあるが、実はフランク・オズはそのグローバーの声ミス・ピギーの声も『セサミストリート』で担当しているのだったw



顔出しよりも裏方向きのフランク・オズだが、我々の中では永遠に「コンドームのおじさん」でなのであるw
現在68歳、いつまでもお元気で!!


その3: 最強のブルース・モービル

いきなり余談なのだが(笑)、世界SF三大乗り物といえば『ブレードランナー』のスピナー、『ウルトラセブン』のポインター、そして『AKIRA』の金田バイクで異論はないと思うのだが(笑)。
おっと、『バットマン』のバットモービルを忘れてんじゃね?…と、お嘆きの貴兄、よく聞けいw
モービルって言ったら、やっぱ「ブルースモービル」しょ!!(←もはやSFではないしw)

BBに出てくるブルースモービルは、74年製のダッジ・モナコ
公害対策前のエンジンでよく走るとエルウッドが解説していたが、中ブルとはいえスペックは現行車両よりこちらが上。つまり「(走りで)パトカーに勝てるのはパトカー」というわけだw まぁキャデラックを売っぱらってマイクを買っちゃうような人は、ポルシェやフェラーリなんかに乗れないからねw

跳ね橋をビュンと飛び越えた その強靭な走りにジェイクが「(備え付けの)シガーライターを直せ」と一言だけ発してブルース・モービルとして認める粋なシーン、この映画の中で一番好きなシーンです。

それとBBのカーチェイスシーンは それ以降の80年代のカーススタントに多大な影響を与えている事も この場を借りて声を大にして言っておきたいw



例えば…



ハル・ニーダム監督の『キャノンボール』シリーズや



石原プロの『西部警察』



それと『
加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』etc.…(笑)。

___________________


ではでは、3/17に「ブルース・ブラザーズ上映飲み会」でお会いしましょう!! 

試験には出ない(笑) もうひとつのブルース・ブラザーズ



実はジョン・ベルーシの半生を描いた映画があるのをご存知だろうか?

『WIRED』(’89)という映画で VHSでソフト化はされていますが(その時の邦題は『ベルーシ=ブルースが消えた夜』)、確かDVDは未発売。

原作は あのニクソン大統領のウォーターゲート事件をもすっぱ抜いた敏腕ジャーナリスト ボブ・ウッドワードによるルポルタージュ小説『ベルーシ最期の事件』(『ブルース・ブラザーズ』が子供の頃から大好きだったオイラは この本を中学生ぐらいの時に読んだ記憶があります。今も実家の押し入れにあるんじゃないかなぁ?w)。

で、ジョン・ベルーシを演じているのは マイケル・チキリス

SNLの名シーンの再現や、ライブ映像、BBの撮影現場の裏側など、結構気合いの入ったコピーっぷりを見せていますが、 中には観たら怒るファンもいるかもなw

しかしまぁ ジョンがドラッグのオーバードーズで亡くなったというのは事実ですし、この映画で描かれている事はボブ・ウッドワードがリサーチした事実を元に描かれてはいますが、全てが真実というわけでもないでしょうしね。

そこで本作は原作とは全く異なる 面白いアプローチで描いている。

なんと亡くなったベルーシが幽霊となってさまよい、天使(タクシードライバー)と一緒に過去を回想するという 如何にも映画的なファンタジーとして昇華しているのだ。

字幕はありませんが、興味のある方はYouTubeで観てみてください。

個人的には ダン・エイクロイドが大好きなハーレーに乗って葬列するシーンが好きです。 

____________________


んでもって【業務連絡】w

先日4/1に執り行われました「ブルース・ブラザーズ上映飲み会」は つつがなく終了致しました。

いやー、やっぱBBが大好きな人たちと集まって観ると最高に面白いですね!!

非常に好評だったので、年中行事にしようかと思っていますw

IMG_0441

来年BB公開32周年に また是非とも お会いしましょう☆w

試験に出るブルース・ブラザーズのエピゴーネン



バブルガム・ブラザーズ(『WON'T BE LONG』でブレイクする以前)

ま、テレビ版の吹き替えもやってますからね(苦笑)。 




映画『Men In Black』シリーズ

アレサ・フランクリンがBBの事をCIAみたいな奴等と おちょくるシーンがあるが、アメリカ人が思い描く「(実際は知らないが) ああ、CIAって黒装束でサングラス掛けてる人たちだろ?」というイメージを逆手に取って作られたのが このMIB…って、また続編(『MIB3』)やんのぉ!?w




映画『マトリックス』シリーズ

本作の「エージェント」がまさにBBそのものですね(黒装束・サングラス)。増殖して襲い掛かるシーンは まるで大量のパトカーが追ってくるシーンそっくりだしw




ゲーム『ボナンザ・ブラザーズ』

90年代にセガがリリースしたアーケード&テレビゲーム。設定は泥棒なのだが、デブとノッポ、そしてサングラスという意匠をそのまま引き継いでいる。


他にも「グラサン・キャラ」っているじゃないですかぁ。タモリとか杉山清貴とかスガシカオとか(笑)。

そういった「テレビに出ている人なのにサングラス」というキャラクターを成立させたのもBBの功績かもしれませんねw

試験に出る『ブルース・ブラザーズ』 その2000(笑)

前回やりました『ブルース・ブラザーズ』上映飲み会との連動企画の第2弾(2000)です(第1弾はこちら)。

ご参加前に参照して頂ければ是幸い。



その5 : 隠れキャラ大全

前回 スティーブン・スピルバーグ監督がカメオ出演していますよーというお話をしましたが(サンドイッチ食ってた納税課のおっさんw)、今回はそれ以外の登場人物をフューチャー。

バンドメンバーのミスター・ファビュラス(アラン・ルービン)の再就職先である高級レストランで、BBにドンペリを薦めるウェイター役で出演してるのが、ピーウィー・ハーマン(本名は ポール・ルーベンス)である。

ピーウィー・ハーマンと聞いてパッと顔が出てくる人はなかなかの映画通である。

ティム・バートン監督によって『ピーウィーの大冒険』という映画も作られた子供番組向けのキャラクターである。



この映画は確か日本ではビデオのみで未公開だったかな? でも日本でもテレビCMとかに出たり、とんねるずの木梨憲武がパロディーをやってたっけね。

でも残念ながら 彼自身は、映画館でオ○ニーしたり チャイルド・ポルノの所有により2度の逮捕歴が…(苦笑)。

役柄以上に「痛いキャラ」であるw 日本にもこんな人がいたよねぇ? 「ミニにタコ」とか言っちゃったりしてw


それと実は 無名時代のチャカ・カーンも脇役として出ている。



BBに出演後、すぐに歌手としてブレイクするのだが、出演しているのは ジェームス・ブラウン演ずる牧師が熱唱するシーンの後ろでコーラスしていた聖歌隊のひとりとしてw


それと「ミニスカートの女王」でおなじみ、モデルのツイッギーも女優として出演していますね(ガソリンスタンドでエルウッドがナンパするジャガーEタイプに乗っていた女の子)。



日本では この曲の方が有名だよなw


その6 : 選曲の妙

サントラ盤に収録されていない、ミュージカルパートでないシーンのバックに掛かっている曲もたくさんありますよね~♪






でもまぁ、BBでサム&デイブといえば…



ホントはこっちなんですけどね(BBを代表する曲なのだが、映画では未使用)。 


それとキーボードのマーフ(マーフィ・ダン)がBBバンドメンバーと「マジックトーンズ」という名前でライブしているところにBBが訪れてバンドの再結成のために口説くシーンのバックで薄~くインストで掛かっていたのが…



ビリー・ジョエルの『素顔のままで(Just the Way You Are)』で。

ま、当時のヒット曲っていうのもあったとは思いますが、もしかしたら…



こっち(バリー・ホワイトがカヴァーしたバージョン)へのオマージュだったのかしら?w


それと耳に馴染みのあるテレビ映画のテーマ曲もうまく盛り込んでいましたね。



『ピーター・ガンのテーマ』。なんとヘンリー・マンシーニ御大ご本人による演奏・指揮の珍しい映像!!




『ローハイドのテーマ』 フランキー・レイン


その7 : もうひとつのBB

熱心なファンはご存知だろうが、BBには『ブルース・ブラザーズ2000』という正式な続編がある。

まぁファンの間でも賛否はいろいろとあるとは思うのだが(苦笑)、今回はあえてその話をしようw

2000は当時既に亡くなっているジョン・ベルーシ、キャブ・キャロウェイ、ジョン・キャンディ以外の前作の出演者を可能な限り再集結させて撮影された(しかしその中に何故か当時存命のレイ・チャールズが含まれていない)。

そもそもエルウッド役のダン・エイクロイドがBBのために書いた脚本というのが当初は電話帳のように分厚い、まるで「BBの学術書」のような内容で、冒険活劇の要素も多分にあったようだ。

おそらく その「冒険活劇」 の部分が2000としてリサイクルされたと思われるが、2000を製作した理由にオイラの推測では「どうしてもB.B.キングを出演させたかった」というのがあったと思う。

裏を返せばB.B.キングが出なかったら2000は無かったのではないか、と。

確かにジェームス・ブラウンやアレサ・フランクリンのようなブラック・ミュージックの大御所が多数出ているのに、その中にB.B.キングが含まれていなかったという事の方が不自然な気もするw




それと感慨深かったのは、ジェイクの代わりにエルウッドの相棒を務めたうちのひとりがジョン・グッドマン(マイティ・マック役)だった事だ。

オイラはトーキング・ヘッズのファンだったので、ボーカルのデヴィッド・バーンの初監督作品『トゥルー・ストーリーズ』という映画を観ていて、そこで主演していた当時ほぼ無名のジョン・グッドマンを見ていた。

彼はその『トゥルー・ストーリーズ』の中で 素晴らしい美声とライブパフォーマンスを披露している。



おそらくダン・エイクロイドもこの作品を観ていて、新生BBにスカウトしたんじゃないかなぁ?

体型もベルーシっぽいしねw


と、いうわけで4/1の『ブルース・ブラザーズ』上映飲み会をお楽しみにぃ~♪

上映飲み会の前に押さえておきたい 試験に出る『ブルース・ブラザーズ』

4/1(日)に『ブルース・ブラザーズ』上映飲み会というイベントを企画しましたので、みんなでワイワイ騒ぎながら映画を観たい方は是非ともこちらをチェックしてください。

と、いうわけで今回は映画『ブルース・ブラザーズ』を観る前に押さえておきたいポイントをいくつかご紹介。


その1 : アメリカ音楽巡礼の旅

本作はただのミュージカル映画ではなく、ゴスペルで始まり、R&B、カントリー、そして最後はエルビス・プレスリーの『監獄ロック』(R&R)で終わるという、アメリカの(黒人)音楽史を辿る旅でもあるというところに是非とも注目してもらいたい。




その2 : 黒人音楽へのリスペクト

ジェイク(ジョン・ベルーシ)とエルウッド(ダン・エイクロイド)は白人である。その二人が如何にR&Bをはじめ アメリカの黒人音楽をリスペクトしているのかというのは、その黒装束とサングラスから分かる(この意匠はそのまま映画『メン・イン・ブラック』等に引き継がれている)。

それと劇中に「イリノイ・ナチ」なるネオナチらしき集団が現れるが、もちろんそんなものは実際にはないw

ナチスとはユダヤ人だけではなく、アーリア人以外の人種…特に有色人種に対しての差別が著しい。

つまりブラック・ミュージックを愛する白人のBBとは、全く真逆の立ち位置にいるのが イリノイ・ナチであり、まさに本作におけるわかりやすい「仮想敵」となっているわけだ(しかも人種差別主義者なのにゲイというオチ付きw)。

そして本作の監督、ジョン・ランディスといえば後にマイケル・ジャクソンの『スリラー』のPVをディレクションした事で世界の映像・音楽史を名を残した。



黒人音楽とミュージカル…スリラー誕生の裏には BBが全く関係ないとは言い切れないわけだ。


その3 : 過去のコメディ映画へのオマージュ

BBといえばレイバンのサングラス「ウェイファーラー」モデルが有名だが、 よーく見るとジェイクの方は茶、エルウッドの方は黒と 同じウェイファーラーでも色が違うので是非ともチェックしてもらいたい。

そしてBBはサングラスや黒装束だけでなく、「デブとノッポ」という その二人の容姿もアイコンのひとつとなっている。

そういった構図は昔からあり、例えばサイレント映画の時代には「ローレル&ハーディ」や、デブとノッポではないが 二人組という事で言えば ディーン・マーティンジェリー・ルイスの「底抜けコンビ」等がその代表だ。






それとクライマックスの大量のパトカーが追跡してくるシーンは、これまたサイレント映画時代のコメディアン、バスター・キートンの『キートンの警官騒動』(1922)へのオマージュである。



まさに警官をパトカーに置き換えただけの「人海戦術コメディ」のパロディだ(笑)。

音楽だけではなく、そういった過去のコメディ作品への敬意も忘れていないのが ジョン・ランディス監督らしい。

で、ジョン・ランディスといえば、自作の作中に「See You Next  Wednesday!」というメッセージが必ず隠されているという お遊びが有名である。

日本では土曜日からが多いが、アメリカでの映画の封切り日は水曜日なので、映画の予告編等でよく使われていたフレーズなのだが、 そんなところからもジョン・ランディスの「映画愛」が感じられる。

知らない方は是非とも『ブルース・ブラザーズ』のどこに この「See You Next  Wednesday!」が隠されているか探してみてもらいたい。

それとスティーブン・スピルバーグ監督もカメオ出演しているのですが、どこに出ていたかわかりますかぁ?


その4 : ジョン・リー・フッカーとキャブ・キャロウェイ

本作にはジェームス・ブラウンや アレサ・フランクリン、レイ・チャールズ等の大御所黒人ミュージシャンが出演しているが、その中で異彩を放っているのが ジョン・リー・フッカーキャブ・キャロウェイである。

ジョン・リー・フッカーとキャブ・キャロウェイといえば、もう80年代の時点でR&B界における「伝説的な大人物」であった(ジョン・リー・フッカーに至っては劇中で「偽物だろ!!」と野次られるオチまであるくらい「あの人は今」的な人物だったというわけだ)。

そういった「超大先輩」を引っ張り出して最後に日の目を見させたというのもBBの大きな功績のひとつである事も忘れてはいけない。



よく見ると ジョン・リー・フッカーのバックバンドのメンバーもフロアで踊っているのも皆白人だ。

まさにR&R黎明期の貴重な映像である。その後 エルビス・プレスリーの登場により、ロックンロールは白人のものとなってしまい、ロックの歴史からしばらく黒人は消えてしまう(ジミヘン辺りまで)。




このキャブ・キャロウェイの無茶苦茶な動き!!w 今見ると笑ってしまうが、スウィングジャズ全盛の30年代にこんなして激しく身体を揺さぶり踊りながら唄った人物などいなかったはずだ。これこそがまさに後のエルビス・プレスリーやマイケル・ジャクソンの原型になったと言っても過言ではないだろう。


と、まぁ こんなところを踏まえて観て頂けるとより楽しめるかと思います。

もちろんこういったトリビアや予備知識無しでも充分に楽しめる娯楽作品ではあるのですが。


ではでは 4/1、 皆様のお越しをお待ちしております!!
カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード