かーやん☆ブログ

DJ karyangという名でDJもしております。何卒。

ロッキー・ザ・サーガ

クリード チャンプを継ぐ男

奴が帰ってきた、9年ぶりに。また性懲りも無くwwww

これはスピンオフなのか? いや『ロッキー7』だ!!wwww


で、今回は ボクサーとしてのロッキーは完全リタイヤし、そのバトンはアポロの息子へという映画『クリード チャンプを継ぐ男』のお話。要は『男はつらいよ』シリーズ後期における寅次郎(渥美清)と満男(吉岡秀隆)の関係みたいなもんだ、ウンw


話としては前6作を踏襲し(「女は足にくる」設定もw)、オマージュを捧げたファンムービーとして良作だ。そして ついには義兄・ポーリーまでをも亡くし(カメも2匹から1匹へw)、自らの死(老い)に向き合うロッキーの後日譚にもなっている。80年代前夜にイタリア系移民と黒人が雌雄を決して闘う まさにハリウッドに風穴を開けた作品が約40年の時を経て こういった形に昇華されていったというのも何とも感慨深い。

実は本作の脚本・監督はスタローンではない。それもあってか長くロッキーシリーズを通して見てきた者としてはしっくりこない面もあるのだが、これはこれでクリードの物語として新たな若い観客の支持を得られれば良いなとは思う。しかし映画を観ているというよりは「クリードの試合をペイパービューで見ている感」は 時代の流れなのかもしれないが、何かスクリーンで観る映画としての質感に欠けておりガッカリ感が否めなかった(前作もそうだったが)。

それとシリーズの定番であったロッキー・ステップス(いつもクライマックスで駆け上がっていた石段)や ビル・コンティの劇伴を、最後の最後の最後まで引っ張ったというところも少し残念な気がした。まぁ全く無いよりはマシなのだが、そこもロッキー・ムービーとしてのカタルシスの喪失感を感じずにはいられなかった点だ。


ただロッキーと息子ジュニアの写真をクリードが見つけると ロッキーが「今 息子は結婚してバンクーバーで幸せに暮らしているよ」と語るシーンは知っている者にとっては涙なしでは見られない名シーンであった。

というのも当時(『ロッキー5』時) ロッキーの息子は実の息子であるセイジ・スタローンが演じていたのだったが、2012年に36歳で亡くなってしまっているのだ。ミッキーもアポロもエイドリアンもポーリーも居ないロッキーワールドにおいて唯一の身内が本当に不在にも関わらず「生きている」扱いになっているのである。

この架空のボクサー ロッキー・バルボアと、役者 シルベスター・スタローンの生き様がクロスオーバーする快感こそ、ロッキー・ザ・ムービーの醍醐味であると言えよう。

そこが車寅次郎と渥美清との最大の違いだと思うのだが、かといってスタローンが自分自身を投影させロッキーを等身大で演じてきた不器用な役者だとは思わない。むしろ逆だ。肉体派俳優が齢を重ね、自らと向き合い、役者としての円熟味を増してきた結果がここに結実しているのである。

ちなみに過去作で名トレーナー・ミッキーを演じたバージェス・メレディスが1作目『ロッキー』の時は68歳、そして本作『クリード チャンプを継ぐ男』でのスタローンは69歳だという。確実に時代は1周してしまったのだ。

そしてスタローンは本作で その年のゴールデン・グローブ賞の助演男優賞を受賞し、アカデミー賞もノミネートした。


で、スタローンもこれで黙っていられるタチではない。クリード制作中にも色々と思うところもあったのだろう。今度は自ら脚本・監督を手掛け、クリードの続編を作るというではないか!! しかも対戦相手は父・アポロを葬った宿敵イワン・ドラゴの息子とな!?

日本では来年のお正月映画として公開との事。この因縁対決も しかと目に焼き付けねばっ!!w


★★★☆☆

ロッキー・ザ・ファイナル

5があんな形で終わった事をスタローン自身、いやロッキーは納得できていなかったのであろう。

16年ぶりにジェイソンのように蘇ったロッキーは既に還暦で、現役チャンプと真っ向から闘おうだなんて そもそも馬鹿げた話なのだがいいんだよ、それで!! だってこれは「映画」だもんっ!!wwww


この40年の間にロッキーは様々なものを失ってきたが、ついに最愛の妻・エイドリアンまで亡くしてしまい失意のうちにいた。

残ったのはボンクラ義兄ポーリーと、おっきくなった2匹の亀かいと思っていたところに突如復活したリトル・マーリー!! あの1作目でタバコ吸ってたクソガキがまさかこんなタイミングで、しかもキーパーソンとして登場するとは!! マーリーが車の中で初めてロッキーに対して進言するシーンは素直に泣けたもん。なんか今の自分の状況と重なっちゃってね

そしてマーリーの息子・ステップスやジュニア(実の息子セイジ・スタローンではないのだが)等 新世代キャラもそれほど重要な役ではないのだが 良いアクセントになっていた。


はっきり言って良作だったので未見の方は観てみると良い。もう1作目とこれだけ観てもいいんじゃねってwwww スタローンの監督としての手腕も見事なものだったし、ちょっとポッチャリとして円熟味を増したスタローンの姿はまるでロバート・デ・ニーロのようだったw

まぁひと言でいうと「粋」だよね。ちゃんと1作目を踏襲した終わり方になりつつも、ただのレトロスペクティブに終わらなかった事が最大の勝因だったのかなと。


だが これでロッキー・サーガはまだ終わらず、ここからが新たなスタートだったりするのだwwww


★★★★

ロッキー5/最後のドラマ

まさかのまさか、あのロッキーがカンバック!!

ソ連でドラゴと死闘を繰り広げパンチドランカーとなり、もはや行く場所は007やジェイソンのように宇宙しかないのではと思われていたが(笑)、彼が最後(!?)に選んだ主戦場は「ストリート」だったwwww


1作目をディレクションしたジョン・アビルドセン監督を招聘し、劇伴もビル・コンティに戻り、原点回帰を図った第5作目だったが、すこぶる評判が悪い(苦笑)。

しかしいざ観てみると思っていたほど悪くはなかったw それは立て続けに1から4を観たからかもしれない。ここまで付き合わされると、何か親戚を俯瞰でウォッチングしているような、車寅次郎一家やビッグダディを観察しているような暖かい気持ちになれたwwww

そして原点回帰はバルボア一家にも及んでいる。設定もひょんな事から一転して裸一貫、スラム&ペットショップに逆戻りで「ふりだしにもどる」っていうねw


トミー・ガンと悪徳プロモーターの関係性は、まさしくマイク・タイソンとドン・キングのそれと符合する。おそらくこれがヒントになって第5作目が作られたのであろう。バルボア家の家庭崩壊のプロセスまで見られて何か道徳の授業を受けているような気持ちになったw


確かにラストのストリートファイト(というか、もはやプロレス/笑)には ロッキームービーとしてのカタルシスは無く、観客が求めているものとは程遠かったかもしれないが、そこにはスタローンの、そしてアビルドセン監督の「幸福論」が込められていると都合よく解釈したwwww 人は皆、人生という名のリングの中で もがき苦しみ生きているのだよ、とwwww


で、もがき苦しむといえば、本作で親子のイチャイチャっぷりを存分に見せつけてくれた息子(ジュニア)を演じたのは スタローンの実の息子であるセイジ・スタローン、彼は数年前に他界した。そんな事を思いながら観ると「最後のドラマ」と謳ってはいるが、この話には終わりはないのだなと思わされた(実際終わっていないんだけれどw)。


★★★☆☆

ロッキー4/炎の友情

ロッキーも壮絶な闘いを繰り返し、ついにはソビエト連邦まで赴く事に(苦笑)。ネタが尽きるとついつい慰安旅行をしたくなってしまうのはシリーズものの宿命だw ポリス・アカデミーシリーズしかり、ジェイソンしかりwwww

「肉体によるリアリティ」でエンタメ作品として昇華した『ロッキー3』から年を経てテーマは「老い」そして「終活」へ(笑)。スタローンの「どこまでもマジ」っぷりには ただただ脱帽であるw


『ロッキー4』でよく言われるのがソ連を仮想敵として描いた事への非難である。同じく主演作の『ランボー3/怒りのアフガン』でもアフガニスタンに侵攻したソ連を敵化している。もうスタローンの中では、ロッキーもランボーも完全に自分と同一化しているのだwwww

ただこれをあらためて観て思ったのは、果たして本当にそこまで真面目に政治的な事を考えて『ロッキー4』が作られていたのかどうかという事だ。米ソの代理戦争というテーマは表向きで、実は本作には裏テーマがあったのではないかと。


冒頭から出てくる まるでショートサーキットのような家政婦ロボットは、後に現れる殺人マシーン・ドラゴのメタファーになっているのは容易に読み取れるが、殺人マシーンでロッキーというよりもスタローンの最大のライバルは他にもいるではないか。それは


アーノルド・シュワルツェネッガー


である。


何故にドラゴは殺人マシーンで、ターミネーターのようにツンツン頭の巨漢なのかそれは映画の中で実現しなかった仮想敵・シュワルツェネッガーとの対決を意味していたのではなかろうかと。

そして『ロッキー4』の3年後、シュワルツェネッガーは まるで当てつけのように『レッドブル』という映画でモスクワロケを敢行している。両者の緊張は冷戦のごとくしばらく続いたが、その後 二人は『エクスペンダブルズ』及び『大脱出』シリーズで共演を果たした。


3作と比べるとエンタメ性はこれでもかというぐらい増してはいるが、もはやロッキーシリーズの本質からは離れてしまった感があるのも否めないw

映画を面白くするためだったら無二の親友・アポロだって無情に殺しちゃうし、肉体の説得力も野生の眼も無くなっちゃったら根性論・奇跡論で打ち勝っちゃうし、挙げ句の果てには実生活ではブリジット・ニールセンまでをも奪っちゃうwwww ここまで来るともう何でもアリだ(苦笑)。


これでようやくロッキー自身の闘いに終止符が打たれると思いきやまさかこの後も続編が量産される事になるとは。いやはやwwww


★★★☆☆

ロッキー3

前作は ロッキー再生の物語だったわけだが、3作目ともなるとちょっと毛色が変わってくる。

オスカーを受賞した1作目はアメリカン・ニューシネマの終焉を感じさせる文芸的なものであったが『ロッキー3』は良い意味でエンタメ作品として昇華されている。

劇中では老いてなおビルドアップされていき、アメックスのテレビCMをもこなしてしまう「器用なロッキー」が描かれているが、それはそのまま役者としてスターダムにのし上がり洗練されていった役者・スタローンの姿とそのまま重なる。

1作目の生きる事に不器用だったロッキー・バルボアが好きな人からしたら、パート3のロッキーはまるで別人のようだ。しかしロッキーの成長=スタローンの成長と考えて見れば 何の不思議もない。そこにはサンダー・リップス(ハルク・ホーガン)やクラバー(ミスター・T)と同様の「肉体のリアリティ」があるし、それを意図して狙って作られたものだと思われる。 

そこに恩師ミッキーの死や、かつての好敵手であったアポロ・クリードとの熱い友情等の多層化したドラマがより一層盛り上がりに拍車を掛けていく。


かくしてロッキーは、3作目にしてロッキー=スタローンとなっていった。

そして本作に華を添えたのが主題歌であるサバイバーの『アイ・オブ・タイガー』の存在だ。

サクセスを手中にし「野生の眼」を取り戻したロッキーとアポロには もはや敵無しだ。


しかしこれで完結したと思われたロッキー・サーガだが、ここまで膨張した人気と肉体に終わりはなく、また次作へと続いていくのであったw


そこで気がついたのは「スタローンとは 真面目な人なんだな」という事(笑)。

所詮映画だ、嘘であり絵空事だと言ってしまえばそれまでだが、そうではない妙な説得力が本作にあるのは、スタローンはこのロッキーという映画を「金や名声に溺れてはイカン。そんな今こそ野生を取り戻さなければ」と本気で思って作っているからだ。「映画の中のロッキーはストイックだけど、実際スタローン本人はそんな事ないんでしょ?」と言われてしまったら元の木阿弥、ウォーター・バブルであるw この徹底したリアリティが本作の魅力と直結している、というわけだ(こうした肉体の、成長のリアリティが、同様に同じ主人公で長く続いた『男はつらいよ』シリーズの寅さんとは大きく異なる点だ)。

こうなってくると もうスタローンから目が離せなくなってくる。まるで麻薬のような映画だwwww


★★★★

ロッキー2

『ロッキー』は名作だったのに『ロッキー2』になった途端滲み出てくるバカっぽさwwww この頃のスタローンの演出はアビルドセンと比べるとかなり雑だ(苦笑)。


『ロッキー2』とはつくづく不可解な映画だ。ロッキーが勝ってもカタルシスは薄い(苦笑)。だって主人公は勝って当たり前だからw

で、前作で描かれていた「弱者への賛歌」はアポロの方へと移行している。よくよく考えてみると前試合で勝っているのはアポロの方だ(笑)。この再戦、アポロの方が遥かにリスクが高い。KOで完勝すれば救いはあるが、前回と同じく もつれた展開で仮に勝ったとしても それではアポロ再生のストーリーにはならないわけで。あーやっぱ変だよな、冷静に考えたらw


でもこれでお膳立ては整った。エイドリアンの「勝って!!」のひと言で ロッキーはその後 連綿と続く闘いへの扉を開いてしまったのだ。

そして俺もそのサーガと今後付き合わされるハメにwwww


★★★☆☆

ロッキー

WOWOWぷらすとのロッキー特集を見て再燃。今あらためてロッキーシリーズを見返している。


ロッキーという映画はヒーローの誕生という単なるサクセスストーリーではなく、まさに大いなる「弱者への賛歌」だ。チンピラから成り上がったロッキー・バルボアと ポルノ男優から這い上がったスタローン自身、そしてそれを我が事と重ね合わせて感情移入していく観客と 二重三重写しになっていく映画ならではの高揚感それが今でも観る者を魅了して止まない要因といえよう。


ビル・コンティの劇伴とスタローンの脚本、そしてアビルドセンの緩急のある演出が三位一体となって低予算ながらもこの作品を良質な物にしている(これでアカデミー賞も受賞した)。泣けるシーンでの引き画(エイドリアンとのラブシーンや ミッキーとの仲直りのシーン等)があるからこそ、ラストでの「エイドリアーン!!」のスタローンのドアップが効いてくるのだ。


ただのハッピーエンドでは終わらない、アメリカが、時代が抱えた闇から脱却し、この後まるでミラーボールのようにキラキラと輝く80年代に突入するそれはまさにアメリカン・ニューシネマの終焉であり、新時代への扉を開いたのが この第1作目の『ロッキー』と言えよう。


その後80年代に入ってからもロッキーシリーズは量産されていくわけだが、83年に同じイタリア系移民の血を引くアル・パチーノがロッキーと同じような成り上がりストーリーの決定版『スカーフェイス』を世に放ち神格化させたのも この系譜上にあると考える。

『ロッキー』の世界で底辺にいるのはチンピラボクサー・ロッキーであり、ペットショップに勤め彼氏もいない内気なエイドリアンであり、その兄でありスラムの世界で楽して生きようとするポーリーであり、場末のボクシングジムでトレーナーとして余生を送るミッキーであり、そしてそのヒエラルキーの頂点にいるのが 黒人ボクサーのアポロであるという設定も非常に興味深い(アポロ・クリードから モハメド・アリやマイケル・ジャクソンを連想するのは容易だ)。

奇しくも同じく70年代末には強い女性を主人公とした『エイリアン』が、そして80年代に入ってからは黒人であるエディ・マーフィーが主役の作品が続々と制作された。


そう『ロッキー』は まさしく時代の端境で大きな役割を果たした作品なのである。


★★★★★

カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード