かーやん☆ブログ

稀代のポンコツDJ

男はつらいよ考察

男はつらいよ 寅次郎忘れな草

『男はつらいよ 寅次郎忘れな草』観了。

いよいよリリー(浅丘ルリ子)登場!! いい女だよな〜☆ でもあのラストはどうなん? ホントに良かったんか、毒蝮でーっ!!w

それにしても今回はしょっぱなから寅次郎のやさぐれ感がハンパなく、はっきり言ってひどいwwww 親父の法事では笑いを取ろうとして結局逆ギレするわ、トイピアノの件でも「何であの時違うと言ってくれなかったんだ」とさくらを叱責するし(どうせ正直に言ってもキレるくせにw)。
で、その後 北海道に行って牧場で真面目に働き始めようとしているから「ああ、あの序盤のやさぐれは、この改心した寅次郎とのギャップを出すために描いたのだな」と思っていたら、すぐに熱出して倒れちゃうし(苦笑)。
なかなかどうしてかなりのクズっぷりなのだが、それもリリーとのキャラ被りがあったからこそ いつも以上に強調していたのかな(と、思うようにしようw)。

しかしまぁ幼なじみの八千草薫の時もそうだったけど、切った張った以前の話なんだよねぇ。寅さんっていつもフラれている印象があるけれど、結局のところ何もしていない。フってもいなけりゃ別にフラれてもいないのだ。いつも自然消滅で曖昧うやむやw なーんかもったいないよなー。ガツガツしているのもどうかとは思うけど(苦笑)。

で、タイトルの「忘れな草(勿忘草)」とは まさにリリーにとっての寅さんの事、そしてリリーとは 「百合の花」。百合の花とくれば、寅次郎十八番の啖呵売の売り口上にある「白く咲いたか百合の花、四角四面は豆腐屋の娘、色は白いが水くさい、ときた」もんであるw

★★★★☆

51454161_2347690155283850_113807068451831808_n

男はつらいよ 寅次郎夢枕

『男はつらいよ 寅次郎夢枕』観了。

なんかまた暗めの話に戻ってしまった、正月映画だというのに(苦笑)。これを「山田洋次 負の正月ループ」と呼称する事とするwwww
せっかく幼なじみのお千代さん(八千草薫)とうまくいきそうだったのにぃ〜!!w そして10作目にして早くも恋のキューピッドとしての役回りを担う事となる寅次郎なのだが、結局 大学助教授役の米倉斉加年とうまくいったかどうか、その後の展開も描かれずブッツリと終了(苦笑)。寅さんも観る側もなんとも煮え切らない回となったw

しかしこれは寅さんがふられたのではなく「ふった」形になっている。相手の幸せを願うからこそオイラのような渡世人と一緒になっちゃならねぇよ…ってなわけだが、これが一度成立してしまうと48作目までずーっと負のループに入ってしまう(苦笑)。でもこれこそが寅次郎の、そして山田洋次の「愛(男の優しさ・弱さ)についての考察」なんだよなぁ〜w

子供の頃は対岸の大人の物語として見ていた『男はつらいよ』もこうして見返すと、今の自分の切実な問題として置き換えて見る事ができる(ちなみにこの頃の渥美清は今のかーやんとほぼ同い歳だ)。
うーん、せつないなぁ〜wwww

50263501_2329056167147249_4570416760011882496_n

で、このレビューを書いていて ふと気がついた。

この愛する女性の本当の幸せを願って男が身を引くという展開は、スティーヴン・スピルバーグ監督の『カラーパープル』と一緒ではないかと。

50283488_2329087107144155_9198903517975150592_n

それもそのはず、親日派のスピルバーグは寅さんの大ファンで、なんと『男はつらいよ』ファンクラブの会員でもあった程だw

そして娯楽作と文芸色の強い作品を交互に作るという芸風もスピルバーグと山田洋次の類似点でもある。

男はつらいよ→学校→男はつらいよ→学校Ⅱ

ジュラシック・パーク→シンドラーのリスト→宇宙戦争→ミュンヘン

…みたいなw

これを指摘している人って意外と少ないんじゃないかなぁ? これからもスピルバーグ&山田洋次研究を推し進めなければ!!w

★★★☆☆

男はつらいよ 柴又慕情

『男はつらいよ 柴又慕情』観了。

なんといっても脚本が秀逸。女3人のバチェロレッテ・ジャーニーと全国を独りでさすらう同じくチョンガーの寅次郎との対比が実に巧い。内容も前作よりもコメディ色が強くなっている。なにせ前作『寅次郎恋歌』は博の母の死の話でお正月映画なのに とにかく暗かったからなぁ(苦笑)。焼きナスを食べながら悶絶する前田吟の演技は必見wwww

で、本作のマドンナは吉永小百合。とにかく可愛い!!w そして掛け値無しに演技が巧い。撮影時はおそらく26〜7歳だと思われるが、この時 渥美清は44歳。昭和47年当時としてはいささか歳の離れたマドンナだが、それだけ当時 吉永小百合の人気があった証拠だ(ちなみに同役で13作目にも再登板している)。

50501249_2327290047323861_6258794444456198144_n

★★★★★

男はつらいよ 寅次郎恋歌

シリーズ8作目『男はつらいよ 寅次郎恋歌』を観る。

もう繰り返し何度も観ている国民的映画ではあるが、子供の頃はただの喜劇映画としてしか見ていなかったので、大人となった今『男はつらいよ』を撮影や脚本や演技等、山田洋次監督の作家性という観点であらためて検証していきたいと思う。

寅次郎恋歌の話の軸のひとつになるのは寅さんの義弟・博の母の死だ。
『男はつらいよ』シリーズは喜劇映画と思っていたのだが、よくよく観てみると寅さんが出てくるシーン以外は意外と暗いw 『家族』や『学校』シリーズ等と基本的には変わらないシリアスホームドラマだ。
通夜の席で激昂する博(前田吟)のシーンには胸を打たれた。よくよく考えたらお正月映画にはふさわしくない内容だw
そこから読み取れるのは、別に山田洋次は喜劇映画を作りたくて撮っているわけではなくて、松竹から求められて作っている中で自己の作家性を打ち出している映画監督であるという事だ。
そこで渥美清の存在が緩衝材となっているというわけだ。そしてそれを受ける賠償千恵子の演技が彩を添える。

それと感じられたのは黒澤明の影響だ、松竹なのに(苦笑)。
テレビ放映も念頭にあったのにも関わらず、こだわり続けたシネマスコープサイズ、望遠レンズの多様、脚本は一人で書かずチームで…と挙げていくと共通点はかなり多い(そういえば博の父役・志村喬は黒澤組の常連だ)。
画像のように家族が茶の間に集まるシーンではシネスコサイズの利点を活かし横長の画角に皆が綺麗に収まるように配置しているのがよく見て取れる(しかし山田洋次は黒澤のようにマルチで撮る事はない)。

46667965_2240370132682520_5353689146919485440_n

46524113_2240370156015851_1105415034554548224_n


山田洋次については他にも書きたい事は色々あるのだが、シリーズは49作もあるので、また別の機会に譲るとしようw ありがとう、BSテレ東さん!!w

カテゴリー
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード